「若い頃は軽い方がいい」宇良の復活に重なる栃木山の育成論【親方と力士のホンネ「蘇る角言」】

「若い頃は軽い方がいい」宇良の復活に重なる栃木山の育成論【親方と力士のホンネ「蘇る角言」】

小兵・宇良 体重増加の事情


(珍手・伝え返しを繰り出した宇良(C)共同通信社)

【親方と力士のホンネ「蘇る角言」】#10

 秋場所4日目(14日)、宇良が宝富士に勝った一番の決まり手は、伝え反りだった。2001年初場所で加わった決まり手の一つ。翌年秋場所で朝青龍が貴ノ浪に決めて以来、出ていなかった。

 相手の脇の下をくぐり抜けながら体を後ろへ反らせ、相手を倒す。強い足腰と自在な動きが必要な珍手・奇手。宇良らしい技に館内が沸いた。

 関学大から15年春場所で初土俵を踏んだ当時、113キロ。居反りを得意とするアクロバット相撲で注目された。順調に17年名古屋場所で東前頭4枚目まで昇進し、日馬富士から初金星も挙げた。

 だが、この場所で痛めた右膝が悪化して、序二段まで転落。そこから三役目前まで戻って奮戦する姿が、感動を呼んでいる。

 この間、見違えるような体形になった。今場所は151キロ。身長173センチだから小柄ではあるが、もう軽量ではない。

 一般的には下半身を痛めたら体重をセーブした方がいいと思われているが、小兵・軽量力士は、やや事情が違う。安美錦(現安治川親方)も、膝やアキレス腱のけがをした後、130キロから154キロまで増やした。

 人間の脚の関節は前へ進むようにできており、横や後ろへの動きは得意ではない。相撲で前に出るのは難しいが、押されて下がったり、横に動いたりすれば負荷が増す。補強やケアと並行しながら慎重に体を大きくして、押す相撲を増やすモデルチェンジが復活の武器になり得る。

 相手にしてみると、業師ぶりを警戒して見て立てば、いっぺんに出てこられる。先手を焦って出れば、技が待っている。

■大きくても動ける力士になる


(元横綱栃木山(C)共同通信社)

 元横綱栃ノ海の花田茂広さんから、生前、師匠・元横綱栃木山の言葉を聞いた。

「若い頃は軽い方がいい。大きな相手に何とか勝とうと技やスピードが身につく。それから大きくなると、覚えたものは体が忘れないから、大きくても動けて技のある力士になる」

 かつての名力士には、若い頃に細かった人が少なくない。栃ノ海は小兵のままだったが、春日野部屋を起こした師匠の教えを受け、名人横綱と呼ばれた。小兵でも、まず当たり、おっつけて出る。多彩な技はその後に。これも春日野部屋の伝統。

 部屋は違っても、力士発掘・育成の妙を語る至言が、けがをした宇良に重ねると、なお深く聞こえる。もともと宇良には、小兵でも当たって出る形があった。半面、業師といってもアクロバチックな技が多い。無理な体勢でも残れてしまうからなのか、ひやひやさせる。

 珍手・奇手は見て楽しいが、宇良が手に入れた体重に合う自分の相撲を、どう見極め、磨いていくか、じっくり見守るのもいい。

▽若林哲治(わかばやし・てつじ)1959年生まれ。時事通信社で主に大相撲を担当。2008年から時事ドットコムでコラム「土俵百景」を連載中。

関連記事(外部サイト)