【リオ五輪・フェンシング】太田雄貴、引退や休養を繰り返し初戦敗退は必然か

記事まとめ

  • 太田雄貴は「五輪に対する覚悟が弱かった」と初戦敗退の敗因を語り、引退を発表した
  • 引退や休養を繰り返し、女子アナと交際して熱を上げたツケが回ってきたと記者はいう
  • 太田の初戦敗退は「番狂わせ」ではなく、「必然」だったという見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております