東京五輪の目標に『金30個』 競技間で選手強化費の"分捕り合戦"も

記事まとめ

  • 日本オリンピック委員会は4年後の東京五輪で金メダル目標数を25〜30個以上としている
  • ある競技団体の関係者は「目標実現には強化費の配分が大きな意味を持ってくる」と語る
  • スポーツライターは「これまで以上にメダル獲得の可能性を見極める必要がある」と指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております