八村塁の「強みと弱み」バスケ男子日本代表前監督が明かす

八村塁の「強みと弱み」バスケ男子日本代表前監督が明かす

高さがあってコンタクトの強い選手には注意(C)日刊ゲンダイ

米プロバスケットボールNBAのルーキーが強烈なインパクトを残した。

 12日の男子バスケ日本代表のW杯(31日開幕=中国)に向けた強化試合のニュージーランド戦で、両チーム最多の35得点、5リバウンド、3アシストをマークした八村塁(21=ワシントン・ウィザーズ)のことだ。

 今や代表の屋台骨を担う八村について男子バスケ前日本代表監督の長谷川健志氏(59)が「バスケに重要なものをすべて兼ね備えています」と、こう続ける。

「バスケの選手には身長の高さ(203センチ)、ジャンプ力、スピードの3つが不可欠。八村は持って生まれた身体能力にプラスアルファとして、腕の長さ、ジャンプの速さ、身のこなし、体のやわらかさも備わっています。スピードにしても、単に速いだけでなく、ボールを持った時に緩急を付ける技術もある。まさに選手として理想的なフィジカルと言えるでしょう」

 長谷川氏は代表監督時代、当時高校生だった八村を親善試合のウィリアム・ジョーンズカップ代表に招集した。

「当時から実力は抜きんでていましたが、ゴンザガ大に進学して、自分と同じぐらいの背丈で、パワーもある選手らと対戦したことでコンタクトプレーにも強くなった。八村はインサイド(ゴール下やその周辺)で相手を抑え込みながらシュートを決め、アウトサイド(ゴールのリングから離れたエリア)からのショットの精度も高い。さらにドライブ(ドリブルで攻め込むこと)もできて、フィニッシュまで持ち込める。なおかつ、バックコート(自陣)からボール運びまでできる選手は、いない。八村のような選手がいるチームは多彩な試合運びができます」

■ディフェンスでは我慢も必要

 12日のニュージーランド戦では、第1クオーター(Q)、第2Q、第4Qの序盤にシュートを決めて、日本に攻撃の主導権をもたらした。長谷川氏は攻撃では十分な活躍であるとし、次はさらなるレベルの高い相手への防御に着目する。

「高さがあってコンタクトの強い選手を相手にしたディフェンスでは十分に注意すべきです。ファウルを繰り返せば(5回で退場)、日本チームにとって絶対的な攻撃力を欠くことになる。八村のプレー時間を確保するためにも、序盤のディフェンスでは状況によっては『1ゴールは仕方ない』と割り切ることも必要でしょう」

 W杯1次ラウンドで世界48位の日本は、同1位米国、同17位トルコ、同24位チェコと同組。八村は手ごわい相手にディフェンス力が問われそうだ。

関連記事(外部サイト)