【東京マラソン】日本男子トップは8位の井上大仁 マラソン衰退し競歩の時代か

記事まとめ

  • 東京マラソンはウィルソン・キプサングが優勝し、日本トップは井上大仁の8位だった
  • 今季マラソンで川内優輝、中本健太郎、重友梨佐の時計は平凡とジャーナリストは指摘
  • 「近年はマラソンが衰退し、競歩が世界の舞台でメダルが取れるようになった」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております