吉田義人氏が実体験から語る「子供たちは多くのスポーツに触れて」

吉田義人氏が実体験から語る「子供たちは多くのスポーツに触れて」

吉田義人氏(C)日刊ゲンダイ

吉田義人(元日本代表・50歳)

 1987年に明治大ラグビー部のユニホームの袖に手を通した吉田氏は、燃え盛るようなラグビー人気の真っただ中、19歳でジャパンに選ばれ、日本代表でも圧倒的な存在感を放った。レジェンド吉田氏のラグビーとの出合いなどを赤裸々に語ってもらった。

 秋田県男鹿市で育った僕がラグビーと出合ったのは、小学3年生の冬の時期です。近所の友達が「今日はこれで遊ぼう」と変な形状のボールを持ってきたのです。簡単なルールを聞いてから、雪の積もった田んぼで日が暮れるまでラグビーに夢中になりました。もう楽しくて楽しくて両親に頼み、ラグビースクールに入れてもらいました。

 でも、僕が育ったのは父親と一緒にプロ野球・巨人戦のテレビ中継を毎日、お茶の間で見るという典型的な昭和の家庭でしたから、将来はプロ野球選手になると決めていました。

 男鹿東中学に入学すると、ラグビー部がなかったこともあって野球部に入ったわけですが、全体練習後に肩を強くしたいと言う先輩キャッチャーの個人練習に付き合わされ、遠投をし過ぎたことで肘を故障してしまいました。そんな折、小学校時代のラグビー仲間から「先生に頼み込んでラグビー部をつくってもらったから一緒にやろう」と誘われ、もともとラグビーは嫌でやめたわけではなかったので、肘に負担のかからない、ボールを持って走ることが原点のラグビーに、それからは夢中になりました。

 もともと運動神経は良かった方でしたが、ずばぬけて足が速かったわけではありません。

 転機は、中学2年生の時に椎間板ヘルニアを患ったことでした。半年のブランクを経て復帰すると、周りとの体力レベルに差が出てしまい、その差をどうにか埋めたいと考えて毎週日曜日、練習のない午後の時間を使って、寒風山の頂上まで走ることにしたのです。

 山道を一歩一歩進むと頂上で待っているのは壮大な景色です。その達成感は格別! 山を走るのが楽しくて仕方がなかった。3年生になった頃には市の陸上競技会で優勝するほど足が速くなっていたのです。みんなが休んでいる時に練習を続ければ、人よりも強くなれる。中学生でそれを実体験し、それから努力を怠らない男になりました。

 そういう意味でも、子供たちにはあらゆる努力を惜しまず、可能性を見いだしてほしいですね。

■9〜12歳のゴールデンエイジ

 最近は、子供たちが運動する機会が減ったことで体力測定の数値が低下していることを危惧しています。筑波大の大学院時代に論文を書きましたが、特に医学的観点から骨、筋肉、神経の発達が最も敏感なゴールデンエイジと呼ばれる9〜12歳の時期にいろいろな運動をすることが大切です。

 自ら立ち上げた「一般社団法人日本スポーツ教育アカデミー」もラグビーをはじめ、いろいろなスポーツに触れてもらうことで子供たちの可能性を広げることを目的としています。人気スポーツである野球やサッカーをしている子供も、多くの運動動作を経験させてあげることを目的にラグビーや水泳なども取り入れた方がいいと考えます。

 僕の少年時代は学校教育の体育=体を育むための教育でした。非科学的なハードトレーニングを課せられたこともありましたが、日本体育協会が日本スポーツ協会と呼称を変えたように今後、日本でもスポーツ本来の楽しさを伝え、子供たちの可能性を広げていく必要があると思います。(つづく)

(取材・文=フリーランスライター・中山淳)

▽吉田義人(よしだ・よしひと)1969年2月16日生まれ。秋田・男鹿市出身。秋田工から明治大。19歳で日本代表入り。代表キャップ30。伊勢丹ラグビー部主将。31歳でフランスに渡って日本人初のプロラグビー選手に。筑波大・大学院で修士号取得。横河電機ヘッドコーチ、明大ラグビー部監督を歴任。現在は日本スポーツ教育アカデミー理事長、7人制「サムライセブン」監督。

関連記事(外部サイト)