八村塁がNBA新人王候補入り 大都市メディアと日本の組織票が獲得の後押しに

八村塁がNBA新人王候補入り 大都市メディアと日本の組織票が獲得の後押しに

地元での注目度は抜群(C)共同通信社

日本人ルーキーが新人王候補に名を連ねた。

 NBA公式サイトは19日(日本時間20日)、選手間投票の結果を発表し、2019―20年シーズンの新人王候補にワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が名を連ねた。

 投票は今年6月のドラフトで指名された新人選手を対象に実施。新人王部門のトップは35%の得票があったニューオーリンズ・ペリカンズに全体1位指名されたザイオン・ウィリアムソン(19=デューク大)だった。

 ウィリアムソンは、最も身体能力の高い選手部門でも87%でトップ。10代にして即戦力ルーキーと期待される全体1位選手が支持されたのは当然としても、八村にも得票があったのはゴンザガ大でのプレーを評価するルーキーが少なくないからだろう。

 NBAの表彰はMLB同様、記者投票(放送関係者を含む)で決められてきたが、昨年からファン投票も導入された。

 記者投票と同様に、ファン投票も1票としてカウントされるだけに、実力に加えて人気や話題性のある選手にも票が集まる傾向にある。

 得点王やアシスト王などの数字で明確になる個人賞とは異なり、MVP、新人王などは個人の主観にも左右され、メディアの数が多い大都市の選手が有利とされる。

 ウィザーズの本拠地は米国の首都ワシントンDC。近郊のメリーランド州などを含めた「ワシントン・ボルティモア広域都市圏」の人口は約990万人(全米1位はニューヨーク市の約862万人=18年10月現在)。ワシントン周辺には新聞、テレビ、ラジオなどメディアもひしめいている。

 地元メディアに加えて、初のドラフト1位入団として注目度が高まっているだけに、日本のファンによる組織票も見込める。

 すでに八村は開幕からのロースター(15人)入りが内定している。1年目からプレータイムは十分に与えられるだけに、シーズンを通じて働けば、新人王投票でもそれなりの得票がありそうだ。

関連記事(外部サイト)