ラグビー代表・内田啓介に聞いた サンウルブズと19年W杯

ラグビー代表・内田啓介に聞いた サンウルブズと19年W杯

19年ラグビーW杯の主力に期待されるSRサンウルブズの内田啓介(C)日刊ゲンダイ

 日本で開催される2019年W杯で8強入りを目指すラグビー日本代表。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる代表で「19年W杯の星」と期待されるのがSH内田啓介(パナソニック)だ。今季、初めて南半球最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)・サンウルブズでプレー。2月25日のハリケーンズ戦では15年イングランドW杯日本代表の田中史朗を抑えて開幕スタメンに起用された。昨季はSRの強豪ハイランダーズ(ニュージーランド)に留学して腕を磨いた。19年W杯でのキープレーヤーと期待される内田を直撃した。

――初めてプレーしたSRの印象はいかがですか?

「ここまで対戦した各チームとも、スピード、コンタクトプレー、戦術と全てにおいてレベルの高さを実感しました。特にスピード感の違いに驚きました。一人一人の走力もそうですが、パス回しやボール運び、縦に突進してくる速さは、自分はこれまで経験したことがないものでした。同じ1試合でも疲労度も違います。初戦のハリケーンズ戦は特に感じましたね」

――日本人選手主体のサンウルブズは海外勢に対抗できますか?

「もちろん、レベルの差は手の届く範囲だと思います。実際に強豪チームと対戦してみて、自分たちの通用する部分もある程度、見えてきています。緻密さ、俊敏さ、精度の高さなどは日本は引けを取らないので十分に戦えます」

――強豪ハイランダーズではどんなことを得ましたか?

「トレーニングスコッド(練習生)という形での参加でした。僕が行く前のシーズンでハイランダーズはSRで優勝しました。サンウルブズからも話を頂き、迷いましたが、SR優勝チームで練習する機会はめったにありません。試合に出場するチャンスもあったのでハイランダーズを選びました。ハイランダーズでは技術的なことに加え、プロ意識を学びました」

――現在はどんなことを意識してプレーしていますか?

「チームはスピード感のあるラグビーを目指しているので、状況判断やパス回しなど、すべてのプレーで速さを意識しています。素早く展開できるかどうかはSHのプレーにかかってくる。一歩でも遅れれば、相手に考える時間を与えてしまい、チャンスを潰されかねません。状況判断も含めてスピード感が重要になってきます」

――SHとしてのセールスポイントは何ですか?

「長いパスを放れるのが自分の長所です。自分のパスで相手ディフェンスをかわしてチャンスメークもできるので、ロングパスは武器になります。海外勢と比べてもSHとしてはサイズがあるので、自分で突進できるように体の大きさも生かしたいですね」

――19年W杯でのプレーはイメージできますか?

「まずは目の前のチャンスを生かすことを目標にしていますが、当然、大きな目標は19年のW杯です。自分がグラウンドに立つ姿をイメージするようにしています。エディー・ジョーンズHC(現イングランド代表HC)が率いた前回のW杯では最終選考で漏れて代表入りを逃しました。大学3年の時に初めて代表に招集されてからの4年間はエディーさんのもとで多くの貴重な経験ができた。19年はイングランドを破ってエディーさんに恩返ししたいですね」

▽うちだ・けいすけ 1992年2月22日生まれ。滋賀県大津市出身。179センチ、86キロ。京都・伏見工高から筑波大に進学。3年時の12年4月のアジア5カ国対抗戦(カザフスタン戦)で日本代表初キャップ。卒業後はトップリーグのパナソニック・ワイルドナイツでプレー。

関連記事(外部サイト)