張り差し失敗で大記録に足踏み 白鵬は“省エネ相撲”が裏目

張り差し失敗で大記録に足踏み 白鵬は“省エネ相撲”が裏目

得意の張り差しにも弱点が…(C)日刊ゲンダイ

 横綱白鵬(32)が大記録を前に墓穴を掘った。19日の11日目は、勝てば魁皇(現浅香山親方)が打ち立てた歴代1位の通算1047勝に並ぶという大一番。ところが、開始数秒であっけなく土俵を割った。

 立ち合いで御嶽海(24)に張り差しを仕掛けたものの、構わず踏み込まれてまわしを取られ、何もできないまま寄り切られた。

 結びの一番の大波乱に座布団は舞い、今場所初黒星の白鵬はぶぜんとした表情で花道を引き揚げた。

 NHKのラジオ解説を務めた北の富士(元横綱)は、「白鵬は御嶽海の速攻を警戒していた」と解説。だからこそ、得意の張り差しで出足を止めようと思ったのだろうが、裏目に出た。

 最近の白鵬はエルボーに代わって、立ち合いで張り差しをすることが多い。技は違えど、目的はいずれも同じ。体力が衰えているだけに、打撃技で相手をひるませてから自分の型に持ち込もうという、疲れない「省エネ相撲」だ。

 難点は打撃にひるまない相手には通用しないどころか、この日のように隙をつくるだけ。御嶽海はただでさえ負けん気が強い力士。誰にも彼にも通用するわけではない。

 かつて横綱審議委員を務めた歌舞伎役者の沢村田之助氏は「張り差しは脇がガラ空きになる。横綱が使うべき手ではない」と話していた。

 支度部屋では「足が運べなかった。土俵がぼこぼこだ」と、言い訳をした白鵬。たとえそうだとしても、条件はどの力士も同じ。記録にふさわしい横綱であってほしいものだ。


関連記事(外部サイト)