20日開幕ラグビーW杯 日本の1次リーグ対戦国のスゴいヤツ

20日開幕ラグビーW杯 日本の1次リーグ対戦国のスゴいヤツ

J・セクストン(C)ロイター

J・セクストン(アイルランド・SO)

 世界を代表する司令塔のひとりである。

 不動のSOとして長らくアイルランド代表を牽引。昨年のシックス・ネーションズ(6カ国対抗戦)では、日本代表前ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ率いるイングランドの連勝を18で止めるなど、全勝優勝の原動力に。昨年11月のニュージーランド(NZ)とのテストマッチでは3本のペナルティーキックを決め、オールブラックス相手に本拠地初勝利をもたらした。NZ・バレットら強豪各国の司令塔を抑え、ワールドラグビー(国際統括団体)が選定する2018年の最優秀選手に選ばれた。

 冷静な状況判断に加え、的確なキックとパスは一級品。身長189センチとSOにしては大柄な体格を生かした突破力も武器だ。

 14年にはフランスのプロリーグTOP14ラシンと4年総額約8億円の契約を交わした。当時の仏メディアによれば、選手への好待遇で知られる同リーグで2番目の高給取りだった。

 現在は母国に戻って、古巣「レンスター」に所属。昨年11月にはアイルランド協会と21年まで年俸約7600万円で契約延長に合意した。

 地元アイルランドでは今大会で代表からの引退が噂されており、円熟味を増したセクストンのプレーは日本にとっては間違いなく脅威になる。

D・テイラー(スコットランド・CTB)

 度重なる故障を乗り越え、2年ぶりに代表ジャージーに袖を通した。

 8月17日のフランス戦で、2017年7月のフィジー戦以来のテストマッチ出場を果たすと、随所に的確なパスを供給。グレガー・タウンゼントHCの最終試験をクリアしてスコッド入りを勝ち取った。

 13年の南アフリカ遠征で初キャップを獲得。CTB以外にもWTB、FBもこなせる大型BK(189センチ)として期待されながら、その後は相次ぐ故障に見舞われた。日本とのテストマッチで来日した16年6月には、初戦(豊田スタジアム)で右足内転筋を痛めて途中交代。2戦目はスタンドからの観戦を余儀なくされた。翌年は所属する英サラセンズの開幕戦で左足首を痛めて2カ月間の離脱を強いられた。復帰戦で再び、同じ箇所を痛めて手術を受けると、17年は内転筋や右肩を故障した他、脳振とうも起こしてシーズンを棒に振った。故障が付きもののラガーマンとはいえ、ここまでケガに泣かされる選手も珍しい。

 昨年1月には再び、脳振とうを起こし、一時は引退も覚悟したという。

 地元メディアの取材にダンカンはこう振り返っている。

「脳振とうの後遺症から、毎日、頭痛や視覚障害に悩まされた。気晴らしにテレビやスマホを見ても、集中できなかった」

 10月13日の日本戦(横浜)では、不完全燃焼に終わった16年の憂さを晴らすことができるか。

C・ブイ(サモアLO、FL)

 BK並みの機動力を兼ね備えた巨漢ロック(身長200センチ、体重120キロ)だ。

 一度、ボールを手にすると、巧みなステップを切って相手を置き去りにし、タックルに来た相手には巨体を生かしてふっとばす。ラグビーに必要なスキルをすべて持ち合わせたような選手である。

 ニュージーランド・オークランド出身。20歳以下のニュージーランド代表として2013年のジュニアワールドチャンピオンシップに出場した。一時はオールブラックス入りを目指したが、ルーツのあるサモア代表を選んだ。

 サモアナショナルチームには16年に初招集され、翌17年11月の欧州遠征では主将を務めた。24歳での代表主将は史上最年少記録。今大会も出場20カ国のキャプテンでは最年少になるとみられる。

V・アルテミエフ(ロシアCTB、WTB)

 ロシアではラグビーの第一人者的な存在だという。

 早くから英国に留学。現地の高校に通い、アイルランドの名門クラブ「レンスター」の下部組織でプレー。進学したダブリン大では法学を専攻しながら、ラグビーを続け、国内の大会では優勝に導いた。

 2009年にロシア代表入りし、同国が初めて出場した11年W杯(ニュージーランド)では、大学時代までプレーしたアイルランド相手に歴史的な初トライをマークした。昨年11月の日本とのテストマッチ(英グロスター)ではFBとしてフル出場したが、ノートライに終わっている。

関連記事(外部サイト)