闘将リーチ・マイケル明かす 食事中の会話にも聞き耳立てチームの喝!

闘将リーチ・マイケル明かす 食事中の会話にも聞き耳立てチームの喝!

開幕前に記者会見する日本代表のリーチ・マイケル主将(C)共同通信社

史上初の8強入りを目指すラグビー日本代表に闘将の監視の目が光っている。

 W杯日本大会開幕(20日=ロシア戦)を前に、16日には公式会見が行われ、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の他、5人の選手が参加。4日後に迫った開幕カードのロシア戦についてジョセフHCは「(トライ数で得られる)ボーナスポイントなどは考えず、まずは初戦に集中したい」と気を引き締めるように話した。

 プール戦(予選リーグ)で、日本(10位)と同組の4カ国のうち、ロシアは世界ランキング最下位の20位。下馬評では同16位のサモアとともに日本有利といわれている。ロシア、サモアから確実に白星を手にし、アイルランド(同1位)、スコットランド(同7位)のどちらか一方から金星を挙げて決勝トーナメント進出というのが青写真だ。

 そんな中、プール戦では確実に2勝を挙げられるとの楽観ムードに警鐘を鳴らすのは主将のリーチ・マイケル(30)だ。

 都内で連日、行っている最終調整では、ロシア戦に向けた戦術を確認しており、細かいサインプレーなどの徹底を図るため、闘将リーチの激しいゲキが飛ぶことも珍しくない。

 前回15年大会でも的確な判断で南ア相手に番狂わせを演じる原動力になったリーチは、グラウンドを離れてもフィフティーンの言動には気を配っている。宿舎での食事の際には、選手の会話に耳をそばだてているそうで、「(ロシアを)なめているようなこと言っていたら、戒めるようにしています。そういうことを意識しています」(リーチ)と明かした。

 ロシアは世界ランクこそ日本より格下とはいえFW、BKとも大型選手がそろい、フィジカル面では決して侮れない。

 実際、昨年11月のロシアとのテストマッチでは12点リードされて前半を折り返し、後半30分すぎにリーチが逆転トライをマークし、32―27で辛うじて退けた。

 日本代表の浮沈は闘将のリーダーシップがカギを握るかもしれない。

関連記事(外部サイト)