隠岐の海“自滅”初黒星…周囲から「やはり」の声が多いワケ

隠岐の海“自滅”初黒星…周囲から「やはり」の声が多いワケ

好事魔多し(C)共同通信社

自滅さながらの負け方に、国技館はため息で包まれた。

 16日、ただひとり勝ちっぱなしの隠岐の海(34)は竜電と対戦。いなし、いなされと目まぐるしい展開に足がついていかなかったのか、左足を滑らせたような形で転倒。これで8勝1敗。決まり手は「引き落とし」だが、ほとんど自滅のような内容だった。

 もっとも、負け方はともかく、隠岐の海の今場所初黒星は「まさか」ではなく、「やはり」という見方が角界では強い。今年1月場所は9日目まで6勝3敗だったが、10日目から5連敗で負け越し。2017年11月場所も途中まで優勝争いを演じながら、終盤で連敗した。16年9月場所では初日から6連勝の快進撃も、終わってみれば9勝6敗だった。

 ある親方は「才能だけで相撲を取っているような力士。稽古の貯金がない」と、こう続ける。

「190センチの上背に加え、土俵際での逆転劇が多いのはセンスがある証拠。そうした長所を台無しにしているのが、稽古嫌いという一点です。彼が所属している高砂一門の親方衆と話しても、『隠岐の海が猛稽古をしている姿を見たことは一度もない』と口を揃えている」

 一門の重鎮である北の富士氏も、隠岐の海については数年前から、「私は彼の出世に期待するのは諦めた」とサジを投げている。

 隠岐の海は支度部屋で「重圧? 感じますよ。(重圧を)感じないようにと思っていることが、感じていること。これが自分の弱さかも」と話したが、実際はプレッシャー以前の問題だろう。

 中日まで土俵を引っ張ってきただけでも、御の字である。

関連記事(外部サイト)