マラソン川内優輝が9位、女子は清田真央が16位 「粘って拾う戦法」に限界か

記事まとめ

  • マラソンで日本勢は、今回で代表引退を表明している川内優輝9位、中本健太郎は10位
  • 女子は清田真央が16位、安藤友香が17位、重友梨佐は27位に終わった
  • 陸上ジャーナリスト菅原勲氏は「ワンパターンの戦法では入賞するのがやっと」と指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております