夏巡業復帰も満身創痍 横綱・日馬富士に迫る引退の二文字

夏巡業復帰も満身創痍 横綱・日馬富士に迫る引退の二文字

体はボロボロ(C)日刊ゲンダイ

 横綱のドミノ倒しもあるかもしれない。

 10日の地元茨城県の興行から、夏巡業復帰が決まった横綱稀勢の里。しかし、左上腕と左胸、左足のケガを抱えており、状態はいまだ不安。さらに鶴竜は両足首のケガが尾を引き、9月場所の結果次第では、引退を勧告される可能性もある。

 そしてこの横綱も限界が近い。それが昨8日から夏巡業に復帰した日馬富士(33)だ。

 先場所は11勝4敗と皆勤したものの、左ヒジの炎症が治まらず、夏巡業の序盤は欠席。しかし、復帰できたからといって安心するわけにもいかない。

 ある角界関係者は「日馬富士の体はもう限界ですよ」と、こう続ける。

「左ヒジは炎症があろうがなかろうが、常に痛みを抱えており、痛み止めがなくては真っすぐに伸ばせない。内視鏡手術も検討していたほどです。仮にメスを入れたとしても、いくら早期復帰が可能な内視鏡だからといってすぐに万全の状態に戻るわけではない。日馬富士は両足にも爆弾を抱えるなど満身創痍。術後に左ヒジをかばって下半身に負担をかけようものなら、それこそ一気に崩れかねない。33歳という年齢もあり、ケガを完治させた上で状態を万全にする余裕がない」

 角界ではその人柄が慕われている日馬富士。前出の関係者に言わせれば、「ケガをした力士には部屋や一門のこだわりもなく、自分の通っている病院などを勧めている。今は昔より一門のつながりが弱くなったが、それでもここまで他の一門の力士に塩を送るのは珍しい」とのことだ。

 引退までのタイムリミットは刻一刻と迫っている。

関連記事(外部サイト)