世界バド単で初の金 奥原希望「絶対女王」に足りないもの

世界バド単で初の金 奥原希望「絶対女王」に足りないもの

金メダルを見せながら笑顔の奥原(C)日刊ゲンダイ

 27日に閉幕した世界選手権(英グラスゴー)で史上最多4個のメダルを獲得したバドミントンの日本代表が29日、凱旋帰国した。

 女子シングルスでは史上初の金メダルを手にした奥原希望(22)は「これがゴールではなく、東京まで走り続けていく。進化できるように頑張りたい」と、あらためて20年東京五輪での金メダル取りを誓った。

 当面の目標については「勝って当たり前の選手になりたい」とし、理想とする選手には五輪でそれぞれ3連覇、4連覇を成し遂げた女子レスリングの吉田沙保里、伊調馨の2人の名前を挙げた。

 吉田、伊調とも「絶対女王」として長らく女子レスリング界に君臨し続けている。

 奥原は「レスリングや柔道は勝って当たり前。私もそういう存在になるためにも、まずは世界ランキング1位を目指します」という。

 だが、奥原が「絶対女王」になるには足りないものがある。準々決勝以降の3試合は、すべて接戦を制した。メンタルの強さは証明してみせたものの、「もっと簡単にラリーを崩したり、試合の流れを読む力を身に付けないと」と本人が話す通り、技術面に課題を残す。

 長い打ち合いを続けていてはスタミナの消耗が激しく、一発で相手に形勢を逆転される状況を生み出す。しかも、身長156センチと小柄な奥原は常に全力でのスマッシュが求められる。大柄な海外勢と比べて肩、肘への負担は計り知れず、故障のリスクも少なくない。楽な形での試合運びが理想なのだ。

 男女ともシングルスのトップ選手はネット際のプレーを駆使して相手を翻弄するケースが目立つ。奥原が絶対女王の座につくには、今以上にネット際の技術を磨く必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)