橋本壮市「金」、芳田司「銀」 柔道日本勢がメダルラッシュ

橋本壮市「金」、芳田司「銀」 柔道日本勢がメダルラッシュ

初出場で金メダルを獲得した橋本(C)AP

 文字通り日本の独壇場である。

 柔道の世界選手権(ブダペスト)は30日、男女2階級を行い、男子73キロ級で世界ランキング1位の橋本壮市(26)が初出場で金メダルを獲得。女子57キロ級で同2位の芳田司(21)は同じく初出場で2位になった。男子はここまで全階級で優勝。男子73キロ級の金メダル獲得は10年東京大会から6大会連続に伸びた。

 橋本は初めて大舞台に立った緊張からか、動きが鈍く攻め切れない。初戦の2回戦、4回戦は延長の末に優勢で勝ち上がった。準決勝のヘイダロフ(アゼルバイジャン)戦こそ、得意の袖釣り込み腰で一本を奪ったが、決勝でも苦戦を強いられた。

 リオ五輪銀メダルのオルジョイ(アゼルバイジャン)のパワーに翻弄され、何度となく体を浮かされた。それでも持ち前の粘りを発揮して延長までもつれこむと、体落としで技ありを奪って優勢勝ちした。

 今大会は同学年でリオ五輪金メダルの大野将平(25)が大学院の論文執筆を優先して代表選考会への出場を辞退。「(世界選手権で)優勝して初めて『大野に勝つ』と言える」と話していた橋本は五輪王者への挑戦権を自ら掴み取った。

 一方の芳田は世界2位の実力通り、順当に勝ち上がったが、決勝では相手に手のうちを見透かされて攻めきれなかった。リオ五輪銀のドルジスレンに得意とする足技を何度も仕掛けながら、決め手を欠き、相手の体勢を崩すのが精いっぱい。最後は技ありを取られ、13分近い延長戦の末に敗れ去った。

 ロンドン五輪覇者で野獣の異名を持つ松本薫(29)が育児のため、戦列を離れている。57キロ級の次期エースと期待される芳田は野獣超えはならなかった。

▽橋本の話「20年に向けてスタートしたばかり。大野将平に勝って東京五輪に出場し、優勝することを思い描きながら練習していきたい」

▽芳田の話「立ち技でも寝技でも、何でもいいから勝とうと思っていた。優勝したかったが、力不足。たくさん課題がある。決勝は相手の方が上だった」


関連記事(外部サイト)