代表1枠めぐり 皆川夏穂42年ぶり快挙の裏に“骨肉の争い”

代表1枠めぐり 皆川夏穂42年ぶり快挙の裏に“骨肉の争い”

個人総合でも上位に食い込めるか(C)日刊ゲンダイ

 新体操の世界選手権(イタリア・ペーザロ)は31日(日本時間1日)、個人予選の後半2種目(クラブ、リボン)を行い、皆川夏穂(20)はクラブで15.750点、リボンで15.300点。種目別決勝進出はならなかったが、4種目合計65.050点の9位で上位24人による個人総合決勝に進んだ。

 前日のフープで銅メダルを獲得し、個人では42年ぶりの表彰台に立った皆川。個人総合決勝に向け「(各演技の)1分半を絶対にやり切るという強い気持ちを、最後までなくさないことが大事」と気を引き締めるように話した。

 中学卒業後の2013年から日本体操協会の強化策で強豪・ロシアに留学。ロシア人コーチからも才能を高く評価され、レベルの高い地元選手と切磋琢磨して素質が開花した。リオ五輪予選を兼ねた前回15年のシュツットガルト大会では15位に入り、3大会ぶりに五輪の個人総合の出場枠を獲得した。当初は日本人最上位の選手にリオの出場権が与えられるはずだったが、なぜか代表内定を見送られた。日本体操協会が同じロシアに留学する早川さくら(20)を推しているからだと、まことしやかにささやかれた。

 結局、その後のW杯の結果などから、昨年の6月に皆川が代表権を得たが、早川とは代表の1枠を巡って、ギリギリまで熾烈な争いを繰り広げた。ロシアで共同生活を送り、苦楽を共にしながら一時は口もきかなかったという。

 リオでは個人総合16位に終わったが、同じ目標に向かって汗を流したライバルと国内選考でしのぎを削って急成長。山崎浩子強化本部長は「演技に安定感が出てきた」と高く評価している。

 身長170センチの体形なら、ロシア勢にも引けを取らない皆川は東京五輪で飛躍なるか。


関連記事(外部サイト)