ミスに慌てず 新体操団体42年ぶり快挙に主役級“女優力”

ミスに慌てず 新体操団体42年ぶり快挙に主役級“女優力”

世界選手権から凱旋帰国(C)日刊ゲンダイ

 新体操の世界選手権(イタリア・ペサロ)の団体総合で42年ぶりにメダル(銅)を獲得したフェアリージャパンが5日、凱旋帰国。今大会は団体種目別のロープ・ボール(銀)、団体と個人のフープ(銅)と合わせ、史上最多のメダル4個と躍進し、主将の杉本早裕吏(21)は「強豪国に負けないように、東京五輪に向かって行きたい」と気を引き締めるように話した。

 山崎浩子強化本部長によれば、今大会は海外勢と比べて演技の難度は低かったが、大会前の下馬評でメダル取りが有力視された地元イタリア、ウクライナ、ベラルーシなどがミスを連発。日本の安定した試技が審判団の高評価につながった。

 ライバル勢の自滅があったとはいえ、実は日本も細かいミスは少なくなかった。それでも評価を得たのは「チーム力の差が表れた」(山崎本部長)という。

 ボールやリボンを投げる際にコントロールできず、狙った相手に届かずに落下させて減点されるのは珍しくない。受け手は減点を避けるため、走ったり、体勢を崩してでも取りに行くが、移動したとみなされ、これも大幅に点を引かれる。今大会の日本はミスが出ても一連の動作であるかのように振る舞ったそうだ。

 実際、ロープの演技では投げ手が自身の真上に上げてしまったが、杉本主将は「走って取りに行くとミスになるので、慌てずに対処しました」と明かす。

 要するに今大会の日本は、ミスをごまかす「演技力」が光ったというわけだ。東京五輪でのメダル取りにはさらなるレベルアップに加え、演技力にもますます磨きをかける必要がありそうだ。


関連記事(外部サイト)