ソチ五輪フィギュア団体銅 ゴールド休養にちらつくロシアの影

ソチ五輪フィギュア団体銅 ゴールド休養にちらつくロシアの影

ゴールドは早期復帰に前向きだが(C)AP

 シーズンの本格開幕を前に女子フィギュアスケートの主力選手による引退、休養報道が相次いでいる。

 ソチ五輪団体金メダルメンバーのユリア・リプニツカヤ(19=ロシア)が摂食障害の治療のため、引退を表明。同シングル金メダルのアデリナ・ソトニコワ(21=同)は右足首の故障で今季の休養を発表している。さらにここにきて、ソチの団体で銅メダルを獲得したグレーシー・ゴールド(22=米国)が調整不足を理由に長期間欠場すると明かした。ソトニコワ、ゴールドの復帰時期は不透明で、来年2月の平昌五輪は前回の若手メダリスト3人が不在という異常事態になりかねない。

 ゴールドは休養理由について米メディアの取材に「最近、競技やプライベートのことで苦しんでいる」と話している。

 ソチ五輪後は故障もあってトレーニングもままならず、一時は激太りを伝えられたこともあった。複数の米メディアが伝えたところによれば、本人がリンクを離れる理由に挙げた「プライベート」の問題とは、父親のこととみられる。

 イリノイ州内の病院で麻酔医を務めるゴールドの父カール氏は禁止薬物を不正入手した疑惑が持たれている。具体的な選手の名前は明らかになっていないが、カール氏はロシア人アスリートのドーピングに加担したとみられ、今後の調査次第では医師免許を剥奪される可能性もあるという。

 この親子に目をつけたのがフィギュア王国のロシアとの声がある。おそらく、平昌五輪には前回大会の2人のメダリストが不在となる。同国には今年の世界選手権を制したエフゲニア・メドベージェワ(17)がいるものの、平昌では米国やカナダ勢に覇権を奪われかねない。

 昨年、国家ぐるみの組織的ドーピングでスポーツ界から追放状態にあるロシアは米国を巻き込むため、「グレーシー父子をターゲットにしたのではないか」とも囁かれている。

 ソチ五輪銅メダリストの欠場はロシアの陰謀か?

関連記事(外部サイト)