気になる“引退後” 伊達公子は「キング夫人」になれるか

伊達公子が2度目の引退表明 協会保守派とともに伊達を避けてきた御用記者は戦々恐々

記事まとめ

  • 日本テニス界のレジェンド、47歳の伊達公子が2度目の引退を表明した
  • 最初の引退は26歳で、37歳だった2008年に復帰してその年の全日本選手権で優勝
  • 協会保守派や、伊達を「オバさん」と避けてきた御用記者は戦々恐々としているという

気になる“引退後” 伊達公子は「キング夫人」になれるか

気になる“引退後” 伊達公子は「キング夫人」になれるか

目標への突進力はケタ外れ(C)日刊ゲンダイ

コラム【スポーツ時々放談】

 前回の「時々放談」で触れたように、日本テニス界のレジェンド、伊達公子が2度目の引退を表明した。

 直に47歳。最初の引退は26歳で、37歳だった2008年に復帰してその年の全日本選手権で優勝、翌年から世界ツアー挑戦を再開していた。

 最初のステージで世界ランク4位まで駆け上がり、シュテフィ・グラフと戦った96年ウィンブルドンの薄暮の準決勝などの伝説をつくったが、2度目のステージでも世界を驚かせる足跡を残した――史上2番目の年長ツアー優勝、39歳の全仏オープンなどでトップ10を破ったのも最年長記録。40歳で世界ランク50位を切ったのはビリー・ジーン・キング以来……。

 復帰を手助けした福井烈氏(現日本テニス協会専務理事)は、伊達をこう評したことがある。

「練習で、ファーストサーブの高い集中力を30分維持できた選手を、伊達以外に知らない」

 目標への突進力はケタ外れで、引退中にロンドンマラソンに挑戦し、いきなり3時間27分40秒。復帰のきっかけは08年にマルチナ・ナブラチロワ、グラフを招いたエキシビションだったが、その半年前、東京・青山のジムでカメラマンが目撃した練習光景も語り草だ。

「斜めに立てかけた腹筋台で何十回も繰り返していた女がいる。誰かと思ったら、伊達だった」

 今年の全米オープンで引退を聞いた日比野菜緒は驚いたという。

「サウナと水風呂を交互に3時間以上も入る。体にいいからって、松葉杖をついて。私は頑張っても1時間で出ました」

 女子テニスの魅力、スキャンダラスな面でも伊達は突出していた。世界で勝負するかたわら、日本テニス協会の男体質に反発し、俳優と浮名を流し、結婚もしたし離婚もした。熟年女性に圧倒的な支持を持っているのはその反骨精神で、テニス界の爆弾娘だった。

 気になるのは今後の活動だ。批判的だったとはいえ、協会はランキングが落ちても強化選手に残し、東京・北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)を練習拠点に提供。今回も協会主催のジャパンウイメンズオープンに推薦枠を与え、花道を用意している。

 4期目に入った畔柳信雄会長は女性登用に積極的。やはり“爆弾娘”として知られた平木理化を常務理事に抜擢し、協会内にとぐろを巻く保守派を牽制している。東京オリンピックを控え、ドル箱の錦織圭に陰りが出ているだけに、伊達を起死回生の改革材料にするのではないか。

 協会保守派とともに、伊達を「オバさん」と呼んで避けてきた一部の御用記者は戦々恐々としている。そもそもテニスは他の競技に例がない男女共同参画で進化した競技。伊達には日本のキング夫人になるつもりで暴れて欲しい。
(武田薫/スポーツライター)

関連記事(外部サイト)