伊達公子が2度目の引退表明 協会保守派とともに伊達を避けてきた御用記者は戦々恐々

記事まとめ

  • 日本テニス界のレジェンド、47歳の伊達公子が2度目の引退を表明した
  • 最初の引退は26歳で、37歳だった2008年に復帰してその年の全日本選手権で優勝
  • 協会保守派や、伊達を「オバさん」と避けてきた御用記者は戦々恐々としているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております