日本選手には鬼門…本田真凜シニア初戦に高地のハンディ

フィギュア本田真凜、シニア初戦に高地のハンディ 02年冬季五輪で日本は惨敗

記事まとめ

  • フィギュアのジュニア女王・本田真凜が、いよいよシニアデビューを果たす
  • 不慣れな高地での滑りに本田は「練習の最初から(疲れが)きてます」と不安を隠さない
  • 同じ会場では昨年、宮原知子が優勝したものの、これまで多くの選手が辛酸をなめている

日本選手には鬼門…本田真凜シニア初戦に高地のハンディ

日本選手には鬼門…本田真凜シニア初戦に高地のハンディ

公式練習で滑りを確認した(C)AP

 フィギュアのジュニア女王が、いよいよシニアデビューを果たす。

 一昨季、ジュニア選手権を制した本田真凜(16)が14日(日本時間15日)開幕のUSインターナショナルクラシック(ユタ州ソルトレークシティー)に出場。この日は15日(同16日)のショートプログラム(SP)を前に公式練習に臨み、氷の感触を確かめるように約1時間、調整した。

 会場の「ソルトレークシティー・スポーツコンプレックス」は標高1300メートルの高地にあるため、酸素が薄い。前日に軽めのメニューをこなした本田も練習中に息が上がり、時折、苦しそうな表情を見せた。不慣れな高地での滑りに本田は「練習の最初から(疲れが)きてます」と心肺機能の不安を隠さない。

 確かに、このソルトレークシティーはフィギュアに限らず、日本の冬季選手にとっては鬼門。同じ会場では昨年、宮原知子(19)が優勝したものの、これまで多くの選手が辛酸をなめている。

 2002年ソルトレークシティー冬季五輪では日本のメダル量産が期待されながら、スピードスケート男子500メートルで清水宏保が銀、フリースタイルスキー女子モーグルで里谷多英が銅のメダル2つに終わった。フィギュアでもメダル獲得を期待された村主章枝がフリーの後半に着氷を乱して5位。各競技の代表選手は長期間の高地合宿を行い、現地の環境への適応を図ったはずだったが、金メダルなしの惨敗だった。

 来年2月の平昌五輪出場を目指す本田。今季の国際大会初戦で出はなをくじかれないか。

関連記事(外部サイト)