横綱・日馬富士 今場所負け越しでも“引退勧告”されないワケ

【大相撲秋場所】日馬富士、負け越したとしても引退勧告されず? 今場所は一人横綱

記事まとめ

  • 日馬富士に「負け越してもいいから千秋楽まで出てくれ」というのが協会の本音だそう
  • 今場所は事情が事情だけに、日馬富士が負け越したとしても引退勧告はされないという
  • 休場続きの稀勢の里に、親方衆の間では「左差しだけで昇進しちゃった横綱」と揶揄も

横綱・日馬富士 今場所負け越しでも“引退勧告”されないワケ

横綱・日馬富士 今場所負け越しでも“引退勧告”されないワケ

一人横綱であるがゆえの珍事態(C)日刊ゲンダイ

 4日連続で座布団が舞う事態は免れた。

 3連敗中だった横綱日馬富士(33)は15日に千代大龍を下し、今場所3勝目。引き技が得意な挑戦者に対し、張り差しからの速攻で攻めた。

 取組後は「よし」と安堵のため息をもらした横綱。これで3勝3敗とはいえ、本来なら横綱が序盤で3連敗した時点で途中休場待ったなしである。

 しかし、そこは責任感の強い日馬富士。一人横綱となってしまった今場所、「自分も途中休場します」とは言いにくい。横綱審議委員会の北村委員長も「横綱が全員休んだら、目も当てられない。(日馬富士は)奮起して頑張ってほしい」と、異例のエールを送っているのだから、なおさらだ。相撲協会としても、「負け越してもいいから、千秋楽まで出てくれ」というのが本音だという。

 横綱が負け越せば、どうしても引退が取り沙汰される。1場所15日制が定着した49年以降、皆勤して負け越した横綱は89年9月場所の大乃国(現芝田山親方)と99年9月場所の若乃花のみ。いずれも即引退とはならなかったが、議論を呼んだ。

 さすがに今場所は事情が事情だけに、仮に日馬富士が負け越したとしても引退勧告はされないともっぱら。そもそも協会は、日馬富士にはまだまだ現役でいてくれないと困る事情があるからだ。

 現在、17年ぶりの4横綱時代といっても、全員30歳オーバー。それぞれケガを抱えており、いつ誰が休場、果ては引退となってもおかしくない。鶴竜(32)は次に出場するであろう11月場所が正念場だ。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が「進退を懸ける」と明言している以上、不甲斐ない成績なら引退は不可避だ。

 休場続きの稀勢の里(31)も、ケガとは関係なく、「実は弱いだけでは?」と角界で囁かれ始めている。親方衆の間では「左差しだけで昇進“しちゃった”横綱」と揶揄する声まである。

 常に優勝を狙える白鵬(32)は、今後の出場自体が危ぶまれている。

「98年冬季長野五輪で曙が土俵入りしたように、白鵬は20年東京五輪の開会式で土俵入りという野望がある。ただでさえ衰えが隠せない現状、無理をして引退となれば、元も子もない。東京五輪までは横綱の責任より、自分の体調を優先するはず。今場所のように、今後は適度に休場を挟みながら、慎重に相撲を取るでしょうね」(ある親方)

 満身創痍でも、状態が良ければ安定した成績を残せるのが日馬富士の強み。まだしばらくは引退させてもらえそうにない。

関連記事(外部サイト)