日本代表は要注意…南ア初の黒人主将コリシ“脅威の統率力”

日本代表は要注意…南ア初の黒人主将コリシ“脅威の統率力”

フィフティーンを牽引するコリシ(左)/(C)ロイター

かつては根強い人種差別がはびこっていた南アフリカにとっては民族融和の象徴的存在である。

 2018年6月のイングランドとのテストマッチで、エラスムスHCから主将に指名され、南ア初の黒人キャプテンとして個性の強い選手たちをまとめ上げているシヤ・コリシ(28)のことだ。

 16年に結婚した白人のレイチェル夫人とともに人権啓発活動に取り組むなど、社会貢献にも積極的。南アでは尊敬を集めているが、もちろん、ラグビー選手としても超一流である。

 186センチ、99キロと南アのFWとしては小柄ながら、第3列のフランカーとして運動量は豊富だ。モール、ラックの密集に絡み、相手からボールを奪い取るジャッカルを武器とする。

 今大会はプール戦4試合すべてにスタメン出場し、得点は1トライ(5得点)のみだが、安定したボールキャリー(保持)とタックル(成功率83%)の攻守両面でチームを牽引。オールブラックス相手に初戦を落として黒星スタートを切ったチームを鼓舞し続け、決勝トーナメントに導いた。

 南ア代表を取材する地元ラジオ局の記者がこう言う。

「コリシはプレーはもちろん、南アの精神的支柱でもある。主将と同時にゲームキャプテンを務めることも多く、ピンチの場面では的確な指示で幾度となくチームを救ってきた。すでに今大会の日本のプール戦での戦いぶりに関してチームの分析担当からレクチャーを受けているそうで、FW陣の攻撃は頭に入っている。体を張った献身的なプレーに加え、チームをまとめ上げるキャプテンシーを持つコリシは、日本にとって厄介な存在になると思う」

 コリシは前回15年イングランド大会で日本に大金星を献上した試合にも出場していた。日本戦にかける気持ちも人一倍強いだけに要注意だ。

関連記事(外部サイト)