春日野親方が明かす 初V栃ノ心の入門秘話と四股名の由来

【大相撲1月場所で栃ノ心が初優勝】春日野親方が入門秘話と四股名の由来を明かす

記事まとめ

  • 大相撲1月場所で2012年旭天鵬(現友綱親方)以来6年ぶりの平幕優勝を飾った栃ノ心
  • 栃ノ心は05年にジョージア(旧グルジア)から来日、師匠の春日野親方が当時を振り返る
  • 栃ノ心は家族が亡くなり帰国し『もう来てくれないな』と思っていたが連絡があり再来日

春日野親方が明かす 初V栃ノ心の入門秘話と四股名の由来

春日野親方が明かす 初V栃ノ心の入門秘話と四股名の由来

平幕力士の優勝は6年ぶり(C)JMPA

「親方から女将さんから、春日野部屋の後援会の皆さん、日本人の皆さん、私の国の皆さん、応援がいっぱいでありがとうございました!」

 28日に幕を閉じた大相撲1月場所。2012年の旭天鵬(現友綱親方)以来、6年ぶりの平幕優勝を飾った栃ノ心(30)は、少したどたどしい日本語でインタビューに答えた。

 1987年、ジョージア(旧グルジア)生まれ。当初は柔道に熱心だったが、04年の世界ジュニア相撲選手権大会に出場し、いきなり3位入賞を果たした。翌05年に来日。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は当時をこう振り返る。

「以前も入門希望の外国人は何人もいましたが、雰囲気や稽古が肌に合わないのか、帰ってしまう。12月に来日した栃ノ心もご家族が亡くなって、すぐに帰国したんです。『もう来てくれないな』と思っていたら、連絡があって再来日です。最初の印象? ゴツいなあ、本当に18歳か? と(笑い)」

 入門後は言葉の壁はもちろん、文化の違い、相撲部屋独特の習慣に悩まされた。服装違反で親方に怒られたことも数知れず。門限を破ってゴルフクラブのグリップ部分で殴られたこともあった。それでも常に前向き。ともに新十両に昇進した岩友親方(元前頭木村山)にも「愛情があるから怒るんだ。悪いと思ったら、一緒に謝ってやるから」などの助言を受け、徐々に角界に馴染んでいった。

■女将のひと言がヒントに

 四股名の「栃ノ心」の由来は「相撲を取るからには日本人らしい心を持ってほしい」という意味だ。春日野親方は四股名について、こんな裏話をする。

「最初に『トチノシン』という響きが頭に浮かんで、よし、語呂もいいぞ、と。ではシンの字はどうしようと考えていたら、うちの女将が『心という字がいいんじゃない?』と言ってくれたんです。そこで改めて日本人の心という意味を込めて、栃ノ心と名付けました」

 13年7月場所で180キロの徳勝龍を吊った際、右膝前十字靱帯断裂などの大ケガ。この場所を含めて4場所連続休場し、一時期は幕下55枚目まで転落した。

「相当落ち込んでいましたね。でも、周囲に励まされて現役を続けた。手術して多少良くなってくると、本人が『稽古をしたい』と言い出したんですが、師匠は『まだ早い! 四股やすり足など、土俵外の稽古をやれ』とストップをかけた。それが師匠から稽古のゴーサインが出るや、幕下で2場所連続優勝、十両でも2場所連続優勝ですからね」(岩友親方)

 インタビューでは「稽古を頑張って、親方の言うことを聞いて、来場所もいい相撲を取りたい」と話した栃ノ心。来場所も主役になれるか。

関連記事(外部サイト)