八村塁が日本人初NBA開幕戦スタメン 14得点10リバウンド“ダブルダブル”デビュー

八村塁が日本人初NBA開幕戦スタメン 14得点10リバウンド“ダブルダブル”デビュー

ドリブルで攻め込む八村(C)ロイター/USA TODAY Sports

米プロバスケットボールNBAの2019―20年シーズンが23日(日本時間24日)、本格的に開幕。今年6月のドラフト会議で日本人初の1巡目(全体9位)で指名されたワシントン・ウィザーズのフォワード(FW)・八村塁(21)は敵地テキサスでのダラス・マーベリックス戦にスタメン出場し、25分間の出場で、14得点、10リバウンド。デビュー戦で、得点、リバウンドとも2ケタに達するダブル・ダブルを記録した。

 チーム期待のルーキーは第1クオーターで、いきなり見せ場をつくった。エースのビールからゴール下でパスを受けた八村は相手選手2人に激しいマークを受けながら、最後は221センチの巨人FWポルジンギスを振り切ってシュート。下からすくい上げる技ありのレイアップシュートでNBA初得点をマークした。その後も、得意とするミドルレンジからのシュートを立て続けに決めて8得点、4リバウンドで前半を折り返した。

 まずは大物ルーキーとしての片りんを見せつけたが、第3クオーターは精彩を欠く場面も。開始早々、2人のマークをかいくぐりながら放ったシュートはいずれも、ブロックされて得点できない。

 シュートの精度を欠いたが、八村は早めの攻守の切り替えで、献身的にコートを駆け回った。オフェンスリバウンドから2本連続でゴールに押し込むなど、豪快なプレーも披露した。

 この日の八村はフィールドゴール成功率46・7%、3ポイントシュートは3分の0。ディフェンス面でも課題を残したが、まずは無難なスタートを切った。

関連記事(外部サイト)