開幕戦“ダブル・ダブル”の上々デビューも…ウィザーズ八村塁に足りないもの

開幕戦“ダブル・ダブル”の上々デビューも…ウィザーズ八村塁に足りないもの

シュート力向上が求められる八村(C)AP=共同

ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が、日本人選手で初めてNBA開幕戦のコートに立った。

 23日(日本時間24日)のダラス・マーベリックス戦にスタメン出場し、24分間で14得点、10リバウンド。得点、リバウンドとも2ケタに達する「ダブル・ダブル」をマークした。

 デビュー戦を終えた八村は「そこそこの仕事はできたんじゃないかなと思っている」としながらも「足りないところはいっぱいあった。ビデオを見て、反省して次の試合に生かしたい」と振り返った。

 若手主体のチーム事情から、八村は今後もスタメンを任される見込みだが、開幕戦で「足りなかったところ」は何か。

 男子日本代表前監督の長谷川健志氏がこう言う。

「トランジション(攻守の切り替え)、リバウンド、ボールプッシュなど、現時点でできることは全て披露したと思います。課題はペイントエリア(ゴール前)での判断力です。あのサイズ(203センチ)でも、大柄な選手が揃うNBAではインサイドで勝負するのは厳しいため、ペイントエリアでは早めの判断とシュートのバリエーションを増やした方がいい。また、きょうのようにリードを許して第4クオーターを迎えた場合、試合終盤は確実な3ポイント(P)シュートが求められる。現状の3Pアベレージの八村は起用しにくい。プレータイムを確保するためにも、3Pの精度向上に努めるべきでしょう」

 本人も言うように、課題は山積みだ。

関連記事(外部サイト)