スケートカナダ圧勝 羽生結弦が目指すは“大技挑戦”か“安定”か

スケートカナダ圧勝 羽生結弦が目指すは“大技挑戦”か“安定”か

2位と大差の演技(C)共同通信社

それでも前人未到の大技に挑戦するのか。

 フィギュアスケートのGPシリーズ、スケートカナダで初優勝を果たした羽生結弦(24)。25日(日本時間26日)のSPでは今季の世界最高得点である109・60点で首位に立つと、26日のフリーでも212・99点という高得点を叩き出した。計322・59点。2位のナム・グエン(カナダ)に60点近い大差をつける圧勝である。

「久しぶりに自分に勝てた」

 と試合後に話した羽生。続けて「SPとフリーが揃うことは、長い間なかった」と語ったように、ミスの多い選手でもある。SPとフリー、片方が完璧でももう一方が……ということは過去、何度もあった。それだけに、スケートカナダでの演技は満足だったに違いない。

 だが、問題は今後だ。羽生はこれまで誰も跳んだことのないクワッドアクセル(4回転半)の習得に挑戦している。今回はお披露目とはならなかったものの、高難度のジャンプは足首への負担も大きい。羽生は2017年の11月に右足首の靱帯を負傷して以来、たびたび同箇所のケガに泣かされてきた。世界初の大技は当然、故障再発の危険度が増す。もろ刃の剣である。

 4回転半を跳ばず、演技の安定に努めれば羽生の時代は当分続くだろうが……。

関連記事(外部サイト)