鮮烈デビューの八村塁も自覚 “クレーム癖と多いファウル”が今後の課題

鮮烈デビューの八村塁も自覚 “クレーム癖と多いファウル”が今後の課題

26日のスパーズ戦で初ダンクを決めた八村(C)共同通信社

ウィザーズの八村塁(21)が米メディアから高評価を受けている。

 初のダンクシュートを決めた26日(日本時間27日)のスパーズ戦では、16得点、8リバウンド、3アシストを記録。試合には敗れたものの、開幕から3戦連続で2ケタ得点をマークした。地元メディアは「すでにウィザーズにとって欠かせない存在」と報じているが、デビュー戦後に「勉強しなければならないことがある」と話した本人にとっては、開幕戦でのエースの振る舞いは反面教師になっただろう。

 チームリーダーでもあるブラッドリー・ビール(26)が、第4クオーターで2度のテクニカルファウルを取られて退場処分。計4000ドル(約44万円)の罰金が科されたのだ。テクニカルファウルはレフェリーや相手側への暴言、挑発行為をした場合に取られ、いずれも悪質な反則と見なされる。NBA規定では、1回につき科される罰金は2000ドル(約22万円)。スタンドで観戦する登録外選手の不適切行為もテクニカルファウルと見なされ、累積17回で罰金は5000ドル(約55万円)に増額された上に、1試合の出場停止が科される。

 八村は相手への侮辱行為などはともかく、ゴンザガ大時代からレフェリーの判定に対するクレームが少なくなく、日本代表として出場した9月のW杯(中国)でも、ジャッジに対して不満を口にするシーンもあった。

 NBAではビールの例を見るまでもなく、対戦相手やレフェリー、ファンへの敬意を欠いた行為は厳罰に処される。ビール(年俸約29億円)、八村(同4億8000万円)とも高給取りとはいえ、テクニカルファウルを重ねて出場停止になれば、その間の年俸はカットされる。極力、避けるに越したことはない。

 八村は課題とされるディフェンスでは、相手の腕に触れるなどの接触プレーによるファウルを取られている。開幕戦では序盤に3度のファウルを犯したため、退場処分(1試合で5回のファウル)を避けるため、ベンチに下げられてプレータイムは25分にとどまった。余計なファウルを繰り返せば、出場機会を減らしかねない。

 プレータイムを確保するためにも、コートでは当面、フェアな姿勢が求められる。

関連記事(外部サイト)