弟弟子の高安に先越された 稀勢の里の“嫁取り”はいつに?

弟弟子の高安に先越された 稀勢の里の“嫁取り”はいつに?

茨城県の大井川知事(左)も心配している?(C)共同通信社

余計なお世話かもしれないが、真面目な話、懸念する関係者は多い。

 演歌歌手・社このみ(30)との交際が明るみに出た大関高安(29)。本人も否定せず、31日に婚約を正式発表するという。

 そんな弟弟子を横目に、独身貴族を貫いているのが元横綱稀勢の里の荒磯親方(33)だ。高安から婚約者を紹介されても、我関せず。早大大学院に合格し、来年からスポーツマネジメントなどを学ぶというのだから、まだまだ結婚とは縁が遠そうだ。

 弟弟子に先を越された稀勢の里は結婚しないのか、それともしたくてもできないのか。

 あるタニマチ筋は「いずれは結婚するつもりだろうが……」と、こう続ける。

「マジメな性格ですからね。早大大学院で勉強するのも、独立したときに備えての下準備でしょう。大関に昇進する以前は付き合っていた彼女がおり、よく2人でプロ野球の球場でデートしていた。でも、『相撲に集中したい』という理由で別れた。今は親方として一番の下っ端だから、まだまだ勉強中ということだろう」

■部屋運営に欠かせない存在

 稀勢の里の父の貞彦さんはかつて息子の嫁取りについて、「三歩下がって夫の帰りを待つではないが、出しゃばらない人」と話していた。そんな女性、令和の世の中では絶滅危惧種だ。

「もちろん、結婚しないと独立して部屋を持てないわけじゃないが、部屋の運営におかみは欠かせない。10代で入門してくる弟子の悩みを聞いて相談に乗ってあげたり、時に褒め、時に叱り、実の息子さながらの教育をしなきゃいけない。あるおかみは『弟子が10人いれば、息子が10人いるのと同じ』と話したほどです。さらに後援者や弟子の親などへの対応、連絡などの対外的な仕事もおかみの役割です」(前出のタニマチ筋)

 勉強もいいが、嫁取りにも力を入れてほしい……と願っている関係者は多い。

関連記事(外部サイト)