組織委はIOCべったり…「マラソン問題」小池都知事“反撃材料ゼロ”で完全敗北

組織委はIOCべったり…「マラソン問題」小池都知事“反撃材料ゼロ”で完全敗北

25日に会談した小池知事とコーツ調整委員長(C)共同通信社

今日にもホントの「終戦」だ。

 東京都の小池百合子知事は30日、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催計画について、IOC(国際オリンピック委員会)調整委員会で協議する。協議とは言っても、すでにコーツ調整委員長は「IOC理事会と(大会)組織委員会は札幌市に移すことに決めた」「これは相談ごとではない」と強い口調で語っている。

「決定事項」なら組織委員会もIOCには逆らえない。マラソンの発着点の候補に挙がっていた札幌ドームは課題が多く早々と断念。北海道マラソンと同じく大通公園を発着点にし、競歩も大通公園周辺を周回するプランを軸に検討しているという。

 札幌開催への作業が進む中、小池知事の「逆転」は不可能とみられているが、ある都庁関係者は「喧嘩になりませんよ」と言って、こう続ける。

「IOCの副会長で弁護士のコーツ委員長は25日の小池知事との会談で、熱中症を予防するための指標として使っている『暑さ指数』(WBGT)の値を示し、『世界陸上が行われたドーハと東京は競技環境が酷似している』と語り、移転理由をまとめた資料を報道陣にも配布した。国際陸連は先の世界陸上で、マラソンと競歩の選手にタブレット型の体温計をのみ込んでもらい、猛暑下での競技の体調変化のデータをとった。IOCはその分析結果をもとに、今回の資料を作ったと聞いた」

 一方の小池知事はどうか。

「札幌開催の話が出たときからマラソンや競歩、スポーツ医学の専門家などに話を聞くなり、札幌では五輪レースの運営は難しいという事例などを陸連に挙げてもらうべきだった。『マラソン、競歩は東京でできる』という反論材料をまったく集めてこなかった。本気でマラソン、競歩を東京に取り戻すという気があるなら、なぜ専門家の力を借りなかったのか。決まっていることをひっくり返すのに、“丸腰”では話になりません。IOCの突然の札幌移転話は納得できませんが、その点は不思議です」(前出の関係者)

 まったくだ。

関連記事(外部サイト)