エディー・ジョーンズHCはラグビーW杯イングランド優勝でいくら儲かる?

エディー・ジョーンズHCはラグビーW杯イングランド優勝でいくら儲かる?

HCとしての手腕は評価されているが(C)ロイター

優勝候補のニュージーランドを破り、03年豪州大会以来、16年ぶりの決勝進出を決めたイングランド。前回15年英国大会でのプール戦敗退から、ラグビーの母国を4年間で立て直したのが前日本代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズHC(59)だ。

 規律を重視し、チームの和を乱す選手は主力であっても代表から外すなど、一貫した厳しい姿勢で再建を図った。イングランド協会はその手腕を評価し、次回23年大会までの契約延長を検討しているという。

 イングランドにウェブ・エリス・カップ(優勝杯)を奪還すれば、ジョーンズHCの懐は潤うのか。

 同HCは18年1月に21年までの契約延長に合意した。年俸約9000万円は各国のHCを抑えて最高給とはいえ、契約内容に優勝ボーナスなどは含まれていない。今大会、イングランドに栄冠をもたらしても、現在の契約では昇給は望めない。

 日本では選手に猛練習を課して国際レベルに引き上げた指導力が注目を集め、15年の退任後も企業などの講演に引っ張りダコ。そのカリスマ性から、飲料や化粧品、アパレルメーカー、証券会社など、複数の企業とスポンサー契約を交わした。日本で仕事の依頼が相次ぐことから、渡英後もしばらく都内に住居を構えていたほどだ。

 日本では人気があっても、英国では意外にも支持は得られてない。イングランド代表を取材する英国人記者によれば、アイルランドやウェールズなど6カ国対抗戦のライバルに対して罵るような発言をしたり、地元メディアの記者と戦術や選手起用を巡って対立することも珍しくない。歯に衣着せぬ発言から、多くの企業がジョーンズHCのCM起用には二の足を踏んでいるのだという。

 ラグビー界を代表する名将は今大会終了後、来日する機会が増えそうだ。

関連記事(外部サイト)