マラソン札幌移転の混乱は運営を託された日本陸連の落ち度

マラソン札幌移転の混乱は運営を託された日本陸連の落ち度

MGCは大いに盛り上がったが(代表撮影)

【スポーツ時々放談】

 IOCが、東京オリンピックのマラソン・競歩を札幌で実施すると発表し大騒ぎになった。随分前にこのコラムで、東京の8月のマラソンは危ないと、代替地に河口湖、軽井沢を挙げたことがある。とにかく東京の真夏を走るのは無謀だという議論が欲しかった。

 死者が出ると警告する専門家までいた。そんなコンディションで、完走の美学で育った日本選手は沿道を埋める日の丸の中で棄権できるか。せめて議論を沸騰させ理解を深めておけば選手に選択肢が生まれる……。

■世論に問い掛ける立場

 しかし、議論はなされぬまま、話は編みがさ、打ち水、遮熱性舗装といった現実離れしたアイデアで進んだ。ランナーの脳は地上2メートルを移動するから遮熱効果は届かないのだ。ただ、これを東京都の責任にしては気の毒だろう。運営を託された日本陸連は問題の存在を指摘し、世論に問い掛ける立場にあった。それをしないどころか“夏こそチャンス”とMGCシリーズを展開し、マスコミも右へ倣えとあおった。

 アフリカ勢が夏に弱いというのは昔の話なのだが、IOCが札幌を選んだのは、8月末に北海道マラソンがあるのを知っていたからだ。この大会は1987年、当時の小掛照二強化委員長がロス五輪の惨敗を踏まえ暑さ対策として提案した。本当は秋を希望していたのだが、既存大会と重複を避け「9月以前」と条件が付けられた。ともかく、陸連は科学部総動員で血液検査など数々のデータを集めてきた。国際陸連は札幌の30年を評価して逆提案した。先に日本陸連が「我々にはこういう例もありますが」と言っておいたら、太刀打ちも反論もできた。

 喧嘩するならまだ知っておくことがある。

 マラソンはオリンピックの華ではない――女子マラソンを単独開催したり、マラソンをテレビ観戦するのは日本独特の文化。数々のドラマは不本意な条件で走る不条理ゆえの悲劇で、金栗四三の場合もそうだった。

 やはり過酷なレースの競歩は“完歩の美学”ではなく“歩形の美学”――もともと室内の観戦競技でコースも1キロあればよく、むしろ必要なのは観客。北海道マラソンは北大のポプラ並木を通るから、競歩も使えばいいコースが造れると思う。

■心配なのはテニス

 マラソンは場所を移せるからまだいい。心配なのは運動量が激しく、試合も2時間を超すテニスだ。

 男女の単複に加えミックスダブルスもある。先に来日したジョコビッチは運営の難しさを案じていたが、会場の有明には屋根付きコートが1面だけ、しかも国内には他に会場がない。ジョコビッチ、フェデラー、ナダル、セリーナ・ウィリアムズ……スーパースターをどうもてなすのか。かつてナダルが来日した時、協会関係者はこんな名言を吐いてくれた。

「何もしないオモテナシもあります」

 それでいくしかない。 

(武田薫/スポーツライター)

関連記事(外部サイト)