札幌移転 「負け犬の遠吠え」会見で露呈した日本陸連の空中分解

札幌移転 「負け犬の遠吠え」会見で露呈した日本陸連の空中分解

雁首そろえて不満タラタラ(左から瀬古プロジェクトリーダー、麻場強化委員長、河野ディレクター)/(C)日刊ゲンダイ

現場の責任者たちが舞台裏を語った。

 日本陸連の強化委員会は5日、東京五輪のマラソン・競歩が札幌開催となったことを受けて初めて会見を開いた。

 出席者は麻場一徳強化委員長、瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー、河野匡長距離・マラソンディレクター、山下佐知子女子マラソン五輪強化コーチ、今村文男競歩五輪強化コーチらトップがずらり。会見が始まるや、麻場委員長が「あってはならない決定」と言えば、河野ディレクターは「IOCの決定、というのが非常に高圧的。理解不能な移転で、決定のプロセスがよくわからない、理由が明確でない。なぜマラソンと競歩の2種目だけ移転しなければならないのか」と怒りを爆発させた。瀬古プロジェクトリーダーは「IOCの力の前ではどうにもならない。ダメだといえば、五輪からマラソンをなくすということになるという思いがあった」と苦しい胸の内を語ったが、時すでに遅しだ。

 札幌移転問題で蚊帳の外に置かれていただけでなく、この日は陸連の連携ミスまで露呈した。

 札幌案が浮上した際、河野ディレクターは選手や監督、コーチなど現場の意見をメールで集約。IOC調整委員会に提出するために集めたというが、これを受け取った風間明事務局長は陸連としての見解を把握するために募ったものだと説明。「調整委に出すために受け取ったとは認識していない。誤解があった」と話した。

 すると、河野ディレクターは「事務局の方から強化の立場からどうかと聞かれたので意見を集約した。一ディレクターの立場として限界までのことはした。(集めた意見が)陸連から外に出て行ったかどうかは把握していないし、どう使われたかはわからない。(事務局からの)レスポンスがなかった。当然、調整委に提出されるものと思っていたので、届かなかったのは無念」と、暗に事務局を批判した。

 陸連の現場担当がこんな体たらくだからだろう。IOC調整委を3日後に控えた10月27日。元陸連専務理事(現顧問)で1991年世界陸上東京大会の運営本部長だった帖佐寛章氏は東京都知事の秘書に「翌日会談したい」と呼び出されている。帖佐氏は「話をお聞かせ願いたい」と言う小池都知事を前にして、マラソンと競歩を深夜に行った世界陸上ドーハ大会のバカげた運営や調整委員会で話すべき内容などについてレクチャーしている。

 陸連が迅速に札幌移転に対する反論データや選手の声を小池都知事やIOCに提出していれば、90歳になる高齢の陸連顧問をわざわざ都庁に呼び出すこともなかったはずだ。

 陸連の怠惰とまでは言わないが、少なくとも彼らが必死に汗をかいていたわけではなかったことが証明された。

関連記事(外部サイト)