横綱白鵬 稽古に余念なしで好調アピールもどこまで本物?

横綱白鵬が尾車部屋に出稽古に赴き好調アピール 日本帰化後初の賜杯となるか

記事まとめ

  • 横綱白鵬が尾車部屋に出稽古に赴き、北勝富士らを相手に汗を流した
  • 白鵬は元号が令和になってからいいところがなく、先場所も2日目から休場
  • ある親方は「衰えは当然で、昔の強さが戻ることはない」と話している

横綱白鵬 稽古に余念なしで好調アピールもどこまで本物?

横綱白鵬 稽古に余念なしで好調アピールもどこまで本物?

白鵬(C)日刊ゲンダイ

5日、横綱白鵬(34)が尾車部屋に出稽古に赴き、友風や居合わせた北勝富士らを相手に汗を流した。4日には11月場所(10日初日)初戦の対戦が予想される阿炎ら4力士と計15番。「手応えはあった」と話すなど、本場所に向けて稽古に余念がない。

 白鵬は元号が令和になってからというもの、まるでいいところなし。平成最後の本場所となった今年の3月場所こそ制したものの、令和になって初めて行われた5月場所は休場。7月場所は優勝次点にとどまった。念願の日本国籍を取得して初めて臨んだ先場所も、2日目から休場である。

 自身の令和初、そして日本に帰化して初めての賜杯が是が非でも欲しいとはいえ、それが今場所かなうとは限らない。

 白鵬は先場所直前も、稽古では絶好調。「数年前のスピードが戻った」と、豪語していた。それが初日、北勝富士にあっさり負けるや、「実は右手の中指を骨折していて……」と、後付けのような理由で2日目から休場した。

「白鵬も34歳。衰えは当然で、昔の強さが戻ることはない。しかも、全盛期は場所直前くらいしかまともに稽古をしなかった時期もある。そのツケが回ってきているのではないか」(ある親方)

 今年4度目の休場もありそうだ。

関連記事(外部サイト)