副収入11億円の八村塁 NBAで上位の稼ぎっぷりも“青天井”

八村塁、スポンサー料など年俸以外の収入は11億円か 今季の年俸は4億5000万円

記事まとめ

  • ワシントン・ウィザーズ八村塁の本業以外の収入を、米経済誌フォーブスが報じている
  • 記事によれば、年俸以外の収入は少なく見積もっても約11億円だという
  • 今季の新人では全体1位指名されたザイオン・ウィリアムソンに次ぐ稼ぎ頭のよう

副収入11億円の八村塁 NBAで上位の稼ぎっぷりも“青天井”

副収入11億円の八村塁 NBAで上位の稼ぎっぷりも“青天井”

ウィザーズ・八村塁(C)共同通信社

開幕からスタメン出場を続けるワシントン・ウィザーズの八村塁(21)。ここに来て、本業以外の収入が明らかになった。

 米経済誌フォーブス(電子版)が5日に報じたところによれば、八村の今季の年俸は約4億5000万円。ウィザーズ入団後は食品メーカーや通信会社など、複数の企業とスポンサー契約を交わしており、記事によれば、少なく見積もっても、年俸以外の収入は約11億円。

 今季の新人ではニューオーリンズ・ペリカンズに全体1位指名されたザイオン・ウィリアムソン(19=年俸約10億7000万円)に次ぐ稼ぎ頭で、副収入の額はNBA全体でも上位12人以内に入るとみられている。

 八村はここまで6試合に出場して平均14・7得点をマーク。4日のデトロイト・ピストンズ戦では、空中でキャッチして叩き込むアリウープを初めて決めるなど、まずまずのスタートを切った。

 今季の活躍次第では、新たなスポンサー企業が現れる可能性もあり、八村の稼ぎはさらに増えそうだ。

関連記事(外部サイト)