張本のムラっ気と水谷の満身創痍…不安材料が五輪“本番”仕様で露呈

張本のムラっ気と水谷の満身創痍…不安材料が五輪“本番”仕様で露呈

初戦は格下に完敗で、さえない表情で引き揚げる(左から)張本智和、吉村真晴、丹羽孝希、神巧也(C)共同通信社

出はなをくじかれた。

 6日に開幕した卓球W杯団体戦で、男子日本代表が初戦を1―3で落とした。相手は世界ランク11位のイングランド。同2位の日本にとってはいわゆる「格下」だった。

 第2戦のオーストリア(10位)は3―1で勝利したものの、不安要素の残る初日となった。ひとつはエース張本智和(16=個人世界ランク5位)の好不調の波の大きさだ。2戦目は2試合ともストレート勝ちを収めたが、初戦は苦手とするイングランドのピッチフォード(19位)に競り負け、「まだ団体戦の戦い方ができていない」と振り返った。

 東京五輪ではエースになるはずの張本だが、今季は個人戦でスランプ気味。6月のジャパン・オープン(OP)で599位の無名の中国選手に初戦敗退を喫すると、8月のチェコOPではルーマニア選手相手に1回戦負け。10月のドイツOPではベスト8までこぎつけたが、シングルスでは決勝まで到達できない試合が続いている。

 さらに、この日の試合前、元エースで30歳のベテラン、水谷隼(13位)が腰痛で欠場するアクシデントも発生。この大会中に復帰できるかは未定だという。

 水谷は今回訴えた腰痛だけでなく、2年前から目の不調に悩まされている。今年は全日本で10度目の優勝を果たしたものの、国際大会では苦戦。サングラスや眼鏡で対策を取っているが、東京五輪でベストコンディションに持っていけるかは未知数だ。

 この大会は東京五輪のテストイベントを兼ね、会場もルールも8カ月後に迫った“本番”と同じ仕様。一部では照明の暗さが指摘されているが、それ以前の問題解決が先かもしれない。

関連記事(外部サイト)