井上尚弥 WBSS制覇で見えた“世界一稼ぐ”軽量級ボクサーへの道

井上尚弥 WBSS制覇で見えた“世界一稼ぐ”軽量級ボクサーへの道

一進一退の攻防(二回、ノニト・ドネア(左)を攻める井上)/(C)共同通信社

“モンスター”が旧世代の英雄を打ち破った。

 7日に行われた各団体の世界王者らで争うトーナメント、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)のバンタム級決勝戦。リングに上がったのは新世代を代表するハードパンチャー、WBA王者の井上尚弥(26)と、かつて一世を風靡した世界5階級制覇のノニト・ドネア(36)だ。

 下馬評では井上圧勝の声が大半だったが、2Rにドネアの代名詞である左フックを食らい、右まぶたをカット。8Rに再び傷口が開き、顔面血だらけになった。それでも11Rに左ボディー一発でダウンを奪うと形勢逆転。プロ2度目となる12Rを戦い、3―0で判定勝利を収めた。

 井上のキャリアでここまで追い詰められた試合は初めてだが、苦戦に見合ったものは得られそうだ。

 モンスターの愛称で世界中のボクシングに名前を売った井上には、すでに米大手プロモーターのトップランク社が接触している。同社CEOで敏腕プロモーターとしても知られるボム・アラム氏は、契約について「ドネア戦後に交渉したい」と話していた。契約が締結されれば、市場は世界に広がる。

 もちろん「階級の壁」はある。ボクシングの本場米国では重量級、中量級がメインで、軽量級はランクが落ちる。全盛期のドネアも、ファイトマネーは100万ドル(約1億900万円)前後。1試合で数十億円を稼ぐメイウェザーやパッキャオとは比べものにならない。

 そうした事情を考慮しても、今後の井上のファイトマネーは過去の軽量級のスター選手の比ではなさそうだ。

 すでに井上は最も権威のある米国のボクシング雑誌「リング」でパウンド・フォー・パウンド(全ボクサーの階級が同じだったと仮定した場合のランキング)の4位に挙げられた。さらに同誌では単独で表紙を飾ったこともある。これは日本人ボクサーとして初の快挙だ。

■5億、10億円も夢ではない

 ボクシングに関する著書の多いノンフィクションライターの織田淳太郎氏が言う。

「この日の試合は新旧王者の世代交代という演出面でも話題になった。今後、井上を米国中心にプロデュースしていくのに、うってつけの材料でしょう。軽量級はアジア人王者が多く、日本人も井上をはじめ、4大タイトルで世界王者が5人もいる。トップランク社にすれば、アジア、そして軽量級は開拓する価値のある市場と考えているはず。確かにバンタム級の井上ではラスベガスでメインは張れないが、セミファイナルなら務まる。それでも軽量級ボクサーとしては快挙ですからね」

 井上がWBSSの3試合で手にしたファイトマネーは、計2億円程度だという。今後は5億、10億円を稼ぐボクサーになることも夢ではない。

関連記事(外部サイト)