大麻密輸疑惑の国母容疑者はアウトだが…ウインタースポーツ選手特有の苦悩

大麻密輸疑惑の国母容疑者はアウトだが…ウインタースポーツ選手特有の苦悩

“腰パン”でバッシング(C)共同通信社

五輪スノーボード元代表選手である国母和宏容疑者(31)が、大麻取締法違反の疑いで逮捕された。2010年バンクーバー五輪の時、“腰パン”など服装の乱れからバッシングを受けた過去を持つだけに、逮捕の一報にネットでは「服装の乱れは心の乱れ」「人は見た目が9割」などと叩かれている。

 スノーボードをはじめとするウインタースポーツアスリート特有の苦悩をスポーツライターが語ってくれた。

「夏の五輪よりも、圧倒的に冬は命の危険を伴う競技種目が多いんです。スキージャンプに始まり、モーグル、エアリアル、ハーフパイプ、ビッグエアなど、7〜8メートルもの高さで頭を下にして何回転もする技を決める競技もあります。いくら雪の上とはいえ、身を守るのはヘルメット一つです。しかも、本格的な練習期間は雪のある冬場の4〜5カ月に限られる。短期間で危険な技を習得して、一発勝負に挑むんです。どこか“ブッ飛んだ”アスリートじゃないと、プレッシャーとケガの恐怖に押し潰されてしまうんです」

 だからといって、違法薬物に手を出していいことにはならないが、ライターが続ける。

「もちろん薬物はダメです。しかし、大ケガの恐怖から逃げ出さないようにするために、競技前にこっそりお酒を飲む選手もいるのがウインタースポーツの実態なんです。まさか薬物汚染が広がっているなんてことになっていなければいいのですが……」

 ウインタースポーツアスリートたちの名誉のためにも、国母容疑者の更生は絶対に必要である。

関連記事(外部サイト)