懸賞最多161本の貴景勝「横綱昇進」のタイムリミットは?

懸賞最多161本の貴景勝「横綱昇進」のタイムリミットは?

本人は万全を主張しているが…(C)共同通信社

「遅くても来年いっぱいに昇進しなければ、厳しいのではないか」

 大関貴景勝(23)の綱とりについて、角界ではこんな声が上がっている。

 10日に初日を迎える大相撲11月場所。大関とりを目指す御嶽海や白鵬の復活などが話題になっているが、もっとも注目を集めているのが貴景勝。8日、相撲協会が発表した個人指定懸賞は、全力士最多の161本。1本につき現金3万円なので、全勝なら483万円だ。

 貴景勝は今年5月場所で大関に昇進してからというもの、ケガに悩まされている。同場所では右ヒザ靱帯を負傷し、途中休場。7月場所も全休し、わずか1場所で大関から陥落した。9月場所で12勝を挙げ、「陥落直後なら2ケタ勝利で大関に復帰できる」という特例をクリアしたが、今度は千秋楽の御嶽海との優勝決定戦で左大胸筋を肉離れしてしまった。

 過去、大きなケガを抱えて横綱に昇進した力士はほとんどいない。横綱昇進の条件は「大関で2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」。故障持ちでは至難の業だ。

 1970年代の琴桜のように、負傷が多くても悲願を達成した横綱はいたが、なにせ当時の幕内平均体重は120〜130キロ台。近年は力士の大型化に歯止めがかからず、先場所は同162・6キロだった。パワーアップに比例して体への負担も増し、昔以上にケガをしやすい環境になっている。

 貴景勝は押し相撲一辺倒。故障の多さをスピードと技術でカバーしていた日馬富士のような器用さはない。右ヒザと左胸、2つのバクダンはさらに故障の呼び水になりかねない。

 ボロボロになる前に横綱の地位を掴めるか。残された時間は少ないだろう。

関連記事(外部サイト)