全治8週間の大ケガで休場も 豪栄道が「引退できない」理由

豪栄道、大ケガで休場も引退できぬ事情か 2日目は白鵬、高安、貴景勝、御嶽海が黒星

記事まとめ

  • 11月場所初日に八角理事長が鶴竜休場を謝罪した直後、豪栄道が遠藤戦で足首をひねった
  • 豪栄道は全治8週間の大ケガを負い2日目から休場したが、引退できない事情があるという
  • 2日目は白鵬、高安、貴景勝に加え、大関とりを目指す御嶽海も初黒星と上位陣が総崩れ

全治8週間の大ケガで休場も 豪栄道が「引退できない」理由

全治8週間の大ケガで休場も 豪栄道が「引退できない」理由

八角理事長のあいさつ直後に…(前列左から2人目が豪栄道)/(C)共同通信社

悲壮感が漂ってきた。

 11日の2日目から休場した大関豪栄道(33)。初日、八角理事長(元横綱北勝海)が協会あいさつで横綱鶴竜休場を謝罪した直後の遠藤戦で足首をひねり、左足首関節の靱帯損傷などで全治8週間の大ケガを負った。

 この日、病院で診察を受けた豪栄道は「ファンの皆さんに申し訳ない」と、言葉少な。師匠の境川親方(元小結両国)は「本当に残念。(転び方を見て)まずいと思った」と話し、場所中の復帰がないことを明らかにした。

 今場所が大関在位32場所目だが、優勝は2016年9月場所の一度のみ。カド番は来場所で歴代3位の9回と、むしろ不甲斐なさが目立っている。そもそも大関昇進後は2ケタ勝利が7回しかない。

 全治8週間という期間は、あくまでケガが癒える時間。そこからリハビリを行い、稽古で鍛え直す必要がある。1月場所に間に合わない可能性もあり、角界では「このまま引退ではないか」という声も出ている。

■定年退職待ち?

 ある親方は「引退はしないでしょう。できない理由がある」と、こう続ける。

「なにせ豪栄道は親方株を取得していませんからね。つまり、いま引退したら廃業しかない。同世代では普通、あれだけ長く大関を張っていれば、とっくに取得していてもおかしくないのだが……。誰かに株を借りる?確かに親方株は同じ一門の空き株や、所有者が使っていないものを借りることができる。でも、豪栄道にはそのアテがない。いや、2つほどあるにはあるが、ひとつはすでに継承者が内定済み。もうひとつは所有者の定年退職待ち。後者はあと2年で退職が決定しているので、豪栄道はそれまで石にかじりついてでも現役を続けるしかない」

 2日目は横綱白鵬、大関の高安、貴景勝に加え、大関とりを目指す御嶽海も初黒星と上位陣が総崩れ。いまさらカド番の常連が休場したところで、さほど話題にならないことが救いか。


関連記事(外部サイト)