“後継者”朝乃山を奇襲で退け…白鵬白星にも笑顔なしの真相

“後継者”朝乃山を奇襲で退け…白鵬白星にも笑顔なしの真相

強敵を完封(C)共同通信社

白鵬(34)と朝乃山(25)は、ともに右四つを得意とする力士。衰えの見えるベテラン横綱が、成長著しい若手の挑戦をはねのけるのか? それとも新小結が世代交代を印象づけるのか? 固唾をのんで見守ったファンは多かっただろう。

 そして迎えた結びの一番。白鵬が立ち合いで選んだのは、意外にも右張り手だった。掌底さながらの激しい張りを相手の左頬に叩き込むと、同時に右に変化。すかさずもろ差しになり、すくい投げで朝乃山を投げ飛ばした。

 前日の黒星から一転して、強敵を完封。しかし、花道を引き揚げる白鵬の表情は険しいままだった。

 ある親方は「あれしかなかったのだろう」と、こう続ける。

「白鵬が張り差しをするときは、ほとんど左手を使っていた。それがこの日は右でしょう? しかも変化までしている。つまり、最初から朝乃山と組む気はなかったということ。なぜ右に変わったかといえば、朝乃山に右下手を取らせないため。さらに利き腕である右手の張り手は、左のそれより強烈です。いわば白鵬の作戦勝ちと言ってもいいが、裏を返せば『組んだら不利』と認めたようなもの。おそらく、自分でも喜べない勝利だったのではないか」

 白鵬はかねて朝乃山の相撲を認めており、「自分と体も(相撲の)スケールも似ている」と話したこともあった。真正面から当たれば2日目に続いて連敗は免れないと判断したのだろう。

 ハナから四つ相撲を捨てた白鵬は、いわば「試合で勝って勝負に負けた」ようなもの。

 衰えが顕著であることを改めて証明した一番だった。

関連記事(外部サイト)