御嶽海の大関昇進に黄信号…大流血のケガで「武器」が使えない

御嶽海の大関昇進に黄信号…大流血のケガで「武器」が使えない

御嶽海(左)は大栄翔に完敗(C)共同通信社

3日目の明生戦で右目上がぱっくり割けながら、流血をものともせずに勝利した御嶽海(26)。13日は6針縫った傷口に絆創膏を張って出場したものの、精彩を欠いた。

 相手は2日目に横綱白鵬を破った大栄翔。この日はもろ手突きから回転の速い突っ張りで攻めたが、まわしを許し、抵抗むなしく寄り切られた。

「うまく(ふところに)入られた」

 と敗因を語った御嶽海の武器は、低い位置から頭でぶつかる立ち合い。ガツンとぶつかってからの押し相撲は、貴景勝も苦手にしているほどだ。

 この日はケガの影響もあって頭からの突進を避けたのだろう。すでに2敗である。

 大関の地位を狙う御嶽海はここ2場所で21勝9敗。大関の昇進基準は「三役で3場所33勝以上」なので、単純計算だと今場所12勝以上が必要になる。

 しかし、先場所は12勝3敗で優勝も、7月場所は9勝止まりだった。角界の通例では、大関昇進の起点は2ケタ勝利が最低限。スタートの印象が良くないので、基準ギリギリの星数では今場所後の昇進は困難だ。

 すでに2敗の上に、ケガで武器を封じられた御嶽海。今場所10勝未満なら、大関取りは来場所につながらず、振り出しに戻される可能性もある。

 何とか2ケタ勝利は欲しいところだ。

関連記事(外部サイト)