大関昇進・朝乃山の転機 中学時代の左ヒジ骨折と不屈精神…恩師が語る

大関昇進・朝乃山の転機 中学時代の左ヒジ骨折と不屈精神…恩師が語る

富山県勢として太刀山以来111年ぶりの大関(代表撮影)

「大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」

 25日、大関昇進が決まった朝乃山(26)が、協会からの使者を迎え、堂々と口上を述べた。

「一生懸命」は師匠の高砂親方(64=元大関朝潮)が大関昇進した際に言った言葉。「愛と正義」は母校・富山商業高校が掲げる校訓だ。この口上には高砂親方も「100点満点」とニンマリ。入門5年目の朝乃山は「こんなに早く大関になれるとは思ってなかった」と語り、「大関は看板力士。しっかりした言動をしていきたい」と、決意を新たにした。

■中学入学時は「鏡モチのよう」

 本名は石橋広暉。1994年、相撲が盛んな富山市呉羽町で生まれた。朝乃山が卒業した呉羽小学校には明治・大正時代の横綱太刀山由来の土俵があり、相撲とハンドボールを掛け持ちしていた。

 呉羽中学校でも当初はハンドボールの道を進もうとしていたが、練習の厳しさに耐えかねて退部、相撲部に入部した……といわれている。相撲部顧問の杉林雅章教諭は日刊ゲンダイの取材に、「正確に言うと……」と、こう続ける。

「ハンドボール部がグラウンドでランニングをすると、石橋くんは周回遅れになることが多かった。当時、彼は大きかったけど、ぽっちゃりした体形。今のような筋肉ムキムキではなく、鏡モチのようだった。そこで私は相撲部の3年生に『うまく誘えよ』と言って、勧誘したんです」

 朝乃山を誘ったのは当時の3年生で現在、富山県のアイシン軽金属株式会社に所属する黒川宗一郎さん。世界相撲選手権の無差別級や、全国社会人相撲選手権で優勝経験のある、実業団相撲の猛者だ。

「勧誘したときのことはあまり覚えてないんですが、本人いわく『学校帰りの駄菓子屋に連れていかれて話をした』らしいです。ハンドボール部には入部してなかったはずですよ。入学して最初の2週間は部活見学の期間。体験入部はあったかもしれません。そこで悩んでいたらしく、『一度、相撲部の稽古を見に来ないか?』と声をかけたのは覚えています。中学時代は今のように相撲は強くなかったですね。身長が高い割にぽっちゃりしていたので……。ただ、マジメでコツコツやるタイプ。サボったりとか、この練習はやりたくないとか決して言わない。内心そう思っていたとしても、そうした雰囲気を絶対に見せなかった」(黒川さん)

 本格的に相撲を取るようになった中学時代は、基礎稽古が中心。しこ、すり足、てっぽうに加え、黙々と筋トレをこなしていた。

「相撲を続けようか迷っています」

 朝乃山にとって、大きな転機となったのが3年時に出場した全国都道府県中学生相撲選手権大会。国技館の土俵で行われたこの大会で優勝……ではなく、左ヒジを骨折してしまった。

「おっつけられ、締め付けられて脱臼骨折です。この時のケガの影響で、同じ年に行われた中体連の全国大会には出場できなかった。当時、彼はキャプテンでしたから、無念だったでしょうね。ただ、もしこのケガがなければ高校でも相撲を続けていたかどうか……」(杉林教諭)

 朝乃山は富山商高の故・浦山英樹監督に「オレが強くしてやる」と勧誘され、進学した経緯がある。しかし、杉林教諭は「もし、全国大会に出場していたら相撲をやめていたかもしれない」と、こう続ける。

「ケガをする前、『高校に行っても相撲を続けようか迷っています』と話をしていましたから。それが左ヒジの骨折でしょう。中体連の大会でも、腕にギプスをしながら、まわしをつけて応援していた。それだけにこのまま終われない、と思ったんでしょうね。『不完全燃焼だったので高校でも相撲を続けます』と言っていましたから」

 富山商高では浦山監督の厳しい指導、近畿大学では故・伊東勝人監督による自主性を重んじた指導で鍛えられた。いずれも基礎稽古を最重視し、みっちり行うのは共通している。

 アマチュア時代にコツコツと積み上げた稽古を財産に、富山県勢としては1909年の太刀山以来となる大関に昇進した朝乃山。次の番付は、決して遠くはない。

関連記事(外部サイト)