日本悲願のティア1入りも…“ワンチーム”継続はWR会長の改革次第

日本悲願のティア1入りも…“ワンチーム”継続はWR会長の改革次第

日本代表に外国人選手が多いだけに(C)日刊ゲンダイ

日本ラグビーが逆風続きである。

 今季のトップリーグ(TL)は3月上旬、コロナ禍や一部選手の薬物使用もあってシーズンを中断。同月下旬には中止が決定した。各チームとも15試合のうち6試合を消化しただけで、「ワンチーム」で史上初の8強入りを果たしたW杯の盛り上がりの恩恵にあずかることはなかった。

 ここに来て、国際統括団体であるワールドラグビー(WR)は、昨年の準々決勝進出を評価し、日本のティア1入り(強豪国認定)を決定。

 今後は、世界ランキング上位の南アフリカ(1位)らの強豪国と優先的にテストマッチを組めることになる。次回23年W杯フランス大会での4強入りを目指す日本のさらなる強化につながりそうだが、もろ手を挙げて喜んでばかりもいられない。

 2日(日本時間3日)にWR会長選で再任が決まったビル・ボーモント氏(68)の舵取り次第では、日本代表のチーム編成に影響しかねないからだ。

 ボーモント会長は再出馬にあたってさまざまな改革案を公約に掲げた。ナショナルチームの代表選出基準(外国出身者の居住年数5年など)の見直しもその一つだ。

 従来は、一度、ナショナルチームに選ばれた選手は、他国の代表になれない規定があった。同会長は規定を改変して母国に加え、祖父や祖母にまで遡ってルーツのある国まで選択肢として認める方針を示している。

 この改革が実行されれば、最も痛手なのは多くの外国人選手が代表に名を連ねる日本だ。15年W杯メンバーをはじめ、日本国籍取得済みの選手であっても、母国での代表入りは可能となるためだ。

 すでに南半球最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)に日本から参戦していたサンウルブズは今年を最後に除外が決定。TLに所属する外国人選手は、SRに活躍の場を求めるのは必至だ。

 SRで結果を残した選手は、母国を含めた他国の代表入りを選択する可能性も出てくるだろう。

 海外出身の選手を補強できず、純血のみの編成を強いられたら日本代表は弱体化しかねない。

関連記事(外部サイト)