中止決定はウィンブルドンのみ…テニス全仏と全米が開催に躍起な理由

中止決定はウィンブルドンのみ…テニス全仏と全米が開催に躍起な理由

全米テニス会場は現在、新型コロナウイルスの医療拠点。会場の屋内コートは仕切られた病床に(C)ロイター=共同

全豪オープンテニスの主催者は来年1月の同大会を自国の観客のみで行う可能性を示唆しながら、しかし、開幕にはこだわっている。

 テニスの4大大会で、すでに中止が決定したのはウィンブルドンだけ。5月下旬に行われる予定だった全仏は、9月20日〜10月4日に延期。8月下旬に開幕予定の全米の主催者は、6月中旬に開催の可否を判断するというコメントを出している。

 全仏の会場のローラン・ギャロスは昨年の大会後、約430億円を投入して改修。センターコートには開閉式の屋根が設置され、今年はお披露目になる。

 全米の会場は、世界で最もコロナが深刻なニューヨーク。さすがに当地での開催は無理と判断したのか、すでに西海岸で開催するプランが浮上している。中でも会場の規模が大きく、例年3月にBNPパリバ・オープンが行われるカリフォルニア州インディアンウエルズが有力視されているという。ただし、砂漠地帯にあるため、9月でも40度近い暑さが懸案事項だそうだ。

 折からのコロナ禍はテニス界も直撃。3月以降、すでに30を超す公式大会がキャンセルされ、選手のランキングやポイントも止まったままだ。停滞したテニス界を再び勢いづかせるためには4大大会による開幕がベストという判断があるようで、全米にしても主催者は6月中旬どころか開催可能なギリギリのタイミングまで粘って結論を出すといわれている。

関連記事(外部サイト)