大相撲7月場所は名古屋から国技館に 開催地変更に2つのメリット

大相撲7月場所は名古屋から国技館に 開催地変更に2つのメリット

7月場所は両国国技館で行われることになった(左は八角理事長)/(C)共同通信社

災いを転じて福となす、か。新型コロナウイルスの影響により、5月場所は中止。次の7月場所は開催地が名古屋から東京に変更になり、無観客が予定されている。

 感染リスクを考えれば、開催地の変更も無観客もやむなし。少なくとも開催地の変更はプラスに働きそうだ。ある親方が言う。

「東京の夏は蒸し暑いけど、それでも名古屋に比べればマシ。よそにはない独特の暑さだから、体調を崩す力士もいる」

 今年の7月場所は19日から8月2日まで。過去30年分の数値をもとにした気象庁のデータによれば、7月下旬の名古屋は平均気温27度台後半。東京は26度台半ばだ。その原因はフェーン現象。西の鈴鹿山脈から降りてくる暖かい風が流れ込み、気温を上昇させている。

 気温にしてわずか1度強の差を、さらに拡大しているのが会場の設備だという。スポーツを担当する放送関係者は「地方場所は古い施設が多い」と、こう話す。

「名古屋場所を行っている愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)は、築50年以上。割と頻繁に改修工事を行っている国技館と違って、設備がとにかく古い。冷房は効きにくく、会場内の気温は高い。さらに調整が難しいのか、照明が強く、土俵がすぐに乾いてしまう。力士も口々に『滑るから、ケガをしそうで怖い』と話しています」

 国技館なら自分の部屋から通えるメリットもある。地方場所は宿舎が遠いケースも少なくない。例えば名古屋場所の木瀬部屋は岐阜県羽島市に宿舎があり、力士は毎日、新幹線で会場に通っている。

「それに東京なら結婚している力士は自宅に帰れるからね。こんな状況だから、家族と一緒に一喜一憂できるのは力士の励みになる。それにこう言っては何だけど、地方場所は住環境のひどい宿舎を使っている部屋もあるからね」(前出の親方)

 もっとも、7月場所が開催できるかは未知数だが……。

関連記事(外部サイト)