ソフト上野由岐子を狙う“3人の古豪刺客” 米国のエース左腕は本格復帰

ソフト上野由岐子を狙う“3人の古豪刺客” 米国のエース左腕は本格復帰

立ちはだかる米国代表のオスターマン投手(C)共同通信社

2021年の東京五輪で金メダルが有力視されるソフトボール日本代表。コロナ禍で合宿などの代表活動は自粛を余儀なくされているが、ライバルの主力は本格復帰に向けて動き始めている。

 世界ランキング1位の米国のエース左腕オスターマン(37)が、15年から務めていたテキサス州立大のソフトボール部コーチを辞任。今後は競技に専念し、東京五輪に向けて調整を図るという。

 日本(世界2位)のエース、上野由岐子(37)のライバルとしても知られるベテラン左腕は浮き上がるライズボールとキレのあるドロップボールを武器に長らく米国を牽引。04年アテネ(金)、08年北京(銀)の2大会連続メダル取りに貢献した。上野とは北京五輪決勝でも投げ合うなど、豊田自動織機でもプレーした日本リーグも含め、しのぎを削ってきた。一度は引退しながら、16年にソフトボールの五輪競技復帰が決まったため昨年、日本への雪辱を期して代表にカムバック。若手に交じってトライアウトを受験して這い上がってきた。

 北京五輪以来の金メダル取りを狙う日本にとっては脅威だが、上野に立ちはだかるのはオスターマンだけではない。

 世界3位のカナダのエース右腕ローリー(33)、昨年9月のアジア・オセアニア予選で1位となり、東京五輪出場を決めた豪州(世界8位)の主将ポーター内野手(38)の2人だ。この2人も東京五輪のソフトボール実施が決まり、メダル取りをモチベーションにして現役を続けてきた。

 08年から日本リーグの佐川急便でプレーするポーターは14年に本塁打王を獲得するなど長打力が売り。地元メディアの取材に「(五輪出場まで)12年待った。東京での金メダル獲得を楽しみにしている」と、日本への対抗心を口にしている。

 上野も含めて海外のベテラン選手は年齢的に今回が金メダル取りのラストチャンス。会場の福島、横浜ではベテランの意地の張り合いが繰り広げられそうだ。

関連記事(外部サイト)