柔道・レスリング代表の五輪メダルを邪魔する“自宅で食べ放題”の誘惑

柔道・レスリング代表の五輪メダルを邪魔する“自宅で食べ放題”の誘惑

前回大会金メダルの土性沙羅も注意が必要(C)共同通信社

お家芸種目の東京五輪代表が正式に決まった。

 全日本柔道連盟(全柔連)は、東京五輪延期前に選出していた男女13階級(男子66キロ級を除く)の代表を引き続き維持すると発表。すでに全18階級のうち8階級を選んでいたレスリングと合わせて、メダル量産を期待される格闘技の代表選手が内定した。

 全柔連の金野潤強化委員長は「内定選手はしっかり意識を持って、厳しい状況の中で己を鍛えてくれている」と期待を寄せるも、柔道もレスリングも茨の道が待っている。

 お家芸種目は対戦相手よりも、まずは自分との戦いを強いられるからだ。

 両競技とも体重によって決まる階級別で争われるため、大半の選手は大会前に過酷な減量が義務付けられる。中量級以上になると、2〜3カ月前から減量に着手し、10キロ以上も落とすケースは珍しくない。計量当日に汗をかいたり、尿を出してグラム単位で絞って体重検査をパスする選手はザラだ。

 日本に限ったことではないが、多くのアスリートは満足に練習ができず、今は自宅で個人トレに励んでいるのが現状だ。練習再開どころか、依然として国内外での大会開催の見通しすら立たないため、選手たちは目先の目標を見失っている状況でもある。本格的な稽古やスパーリングはできず、個人練習では体重管理もままならない。

 代表合宿の自粛もウエートコントロールが必要な選手には痛手だ。現在、閉鎖されているNTC(ナショナルトレーニングセンター=東京・北区)の選手食堂ではアスリートごとに細かくカロリー計算された食事が提供され、徹底した栄養管理が施されている。なんでも食べ放題の自宅ではよほど節制しない限り、「激太り」に悩まされる者も出てくるだろう。

 減量はピーキングにも影響する。柔道、レスリングの代表選手は徹底した自己管理が求められる。

関連記事(外部サイト)