大関・朝乃山あまりにひどい3連敗…取材拒否で精神面の脆さを露呈

【大相撲】大関朝乃山が元大関の照ノ富士に敗れ3連敗 精神面の脆さを露呈

記事まとめ

  • 2連敗中の大関・朝乃山が元大関の照ノ富士に敗れ3連敗となった
  • 相撲評論家の中澤潔氏は「ひたむきさ、ガムシャラさが見えない」と指摘
  • 2日目に続き、3日目も取組後の取材を拒否するなど、精神面の脆さが露呈した

大関・朝乃山あまりにひどい3連敗…取材拒否で精神面の脆さを露呈

大関・朝乃山あまりにひどい3連敗…取材拒否で精神面の脆さを露呈

照ノ富士に転がされた朝乃山(C)共同通信社

「負け方があまりにぶざますぎる。投げられてばかりで、これでは優勝どころか勝ち越しも難しいのではないか」

 相撲評論家の中澤潔氏もため息をつくほど、ひどい負け方だった。

 2連敗中の大関朝乃山(26)は15日、先場所優勝した元大関の照ノ富士と対戦。互いに2敗の新旧大関、軍配は照ノ富士に上がった。

 朝乃山は低い姿勢で頭から突っ込み、前みつを狙うという立ち合い。照ノ富士が「右四つでくると思ってたので、びっくりした」と振り返ったように、意表を突くことには成功した。

 が、もろ差し気味で土俵際に追い詰めたかと思ったら、雑なすくい投げで墓穴。照ノ富士に難なくこらえられ、逆に上手投げで土俵に転がされた。冒頭の中澤氏が言う。

「師匠の高砂親方(元大関朝潮)が12月に定年ということで、『それまでに優勝を』と話していましたが……口ばかり威勢がよくても内容が伴わなければ意味がない。確かに朝乃山は立派な体格(187センチ、174キロ)で、右四つなら誰にも負けないという自信もある。誰よりも横綱に近い力士であることは間違いない。ただ、大関という地位について格好をつけているのか、ひたむきさ、ガムシャラさが見えない。せっかく両横綱がおらず、優勝のチャンスなのに、この体たらく。ひどいの一言です」

■綱とりなどはるか先

 鶴竜はともかく、ケガばかりでも出場すれば強い白鵬が今場所は不在。まさに絶好の機会のはずだったにもかかわらず、初日は攻め急いで遠藤にしてやられ、2日目は隆の勝に右差し対策を取られて、なすすべなく完敗。この日は勝利をほぼ手中にしながら、安易な投げに頼って自滅だ。

 さらに2日目に続き、3日目も取組後は取材拒否。これでもかというほど、精神面の脆さを露呈している。

 横綱不在の本場所で勝てないとあれば、「綱とり」などはるかに先のことだろう。

関連記事(外部サイト)