昨季女王コストルナヤに“皇帝直伝”の秘策 フィギュア女子日本勢との差さらに広げる

昨季女王コストルナヤに“皇帝直伝”の秘策 フィギュア女子日本勢との差さらに広げる

首位発進のコストルナヤ(C)ロイター

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯(モスクワ)が20日(日本時間21日未明)に開幕。男女のショートプログラム(SP)が行われ、女子では昨季のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(17)が78・84点で首位に立った。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ(23)が74・70点で続き、アレクサンドラ・トルソワ(16)が70・81点で3位に入った。ロシア選手権2連覇中のアンナ・シェルバコワ(16)は病気のために欠場したが、昨季のGPファイナルで表彰台を独占した3人娘のうち、2人が順調なスタートを切った。

「ロシアの3人娘」は、表彰台独占を有力視される2022年北京冬季五輪に向けて、早くも本格的に動き始めている。コストルナヤ、トルソワの2人は今年に入り、幼少から指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼ氏からコーチを変更。平昌五輪金メダルのザギトワ、同銀メダルのメドべージェワらを育てたロシアの女帝と袂を分かち、新たに「皇帝」の異名を持つエフゲニー・プルシェンコ氏の門を叩いた。

 コストルナヤが地元メディアのインタビューで明かしたところによれば、トゥトベリーゼ氏とは練習方針が合わず、ことあるごとに衝突。スケートがつまらなくなったため、選手の自主性を重視するプルシェンコ氏に師事したという。

 プルシェンコ氏は現役時代、豊かな表現力を武器に06年トリノ五輪男子シングルで金、02年ソルトレークシティー、10年バンクーバーでは銀メダルを獲得。コーチに転身してからは、スケーティングに加えて、使用する楽曲に合わせた表現力を重視する指導をしている。

 同氏の指導を受ける2人のスケーティング技術の高さは、昨季のGPファイナルで証明済み。皇帝直伝の表現力が身に付けば、紀平梨花(18)ら日本勢との差はますます広がることになる。

関連記事(外部サイト)